ここから本文です

桐谷美玲主演・月9「スキコト」山崎賢人の「俺がいんだろ?」に日本中の女子が胸キュン絶叫!「叫んだわ、もう」「美玲ちゃんになりたい」

E-TALENTBANK 8/8(月) 23:19配信

第5話が放送された桐谷美玲主演・月9ドラマ「好きな人がいること」。

花火大会をきっかけに柴崎千秋(三浦翔平)に告白しようとする櫻井美咲(桐谷美玲)だったが、千秋を巡ってライバル宣言されていた高月楓(菜々緒)の思いがけない秘密を知ってしまい、それを千秋に告げずにはいられなかった美咲。落ち込んだ美咲の元に現れたのは、これまでずっと美咲にそっけなくしてきた夏向(山崎賢人)で…という展開を見せた。

この第5話のラストシーンでは、これまで美咲が気になるそぶりを見せつつも、不器用な優しさしか表せなかった夏向が、千秋のいなくなった場所で美咲と真正面から向き合う、という非常に重要な場面が描かれた。

そして、このシーンで夏向が発した「俺がいんだろ?」という台詞に、ハートを鷲掴みにされすぎた女性視聴者が続出したようで、放送終了直後にはTwitterで「叫んだわ、もう。叫んだ。」「うん、最後叫んだよね」「お風呂の中で叫んだわ」「リアル王子様すぎて妹と叫んだ」「おもわずひとりで叫んだ」「月9やばすぎてやばい」という言葉が溢れたほか、「美咲ほど羨ましい女の子この世に2度と現れないわ~~」「一瞬だけ美玲ちゃんと変わりたい」「美玲ちゃんになりたい。はーーーーーー羨ましいーーーーー」という、美咲に対する羨望も最高潮に達しているようだった。

来週の予告編では、夏向が美咲にストレートな愛の告白をしているらしきシーンや、美咲が夏向のことをもっと知りたい、と言っているような場面も見られたため、来週以降も見逃せないストーリー展開となりそうだ。

最終更新:8/8(月) 23:19

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]