ここから本文です

世界ナンバーワンのジョコビッチが初戦敗退 [リオ五輪テニス競技]

THE TENNIS DAILY 8月8日(月)12時52分配信

「リオデジャネイロ五輪テニス競技」(8月6~14日/オリンピックテニスセンター:バーハ・オリンピック・パーク/ハードコート)の男子シングルス1回戦で、第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が元世界4位のフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)に6-7(4) 6-7(2)で敗れた。

前回五輪の銅メダル争いの二人、ジョコビッチとデル ポトロが1回戦で対戦 [リオ五輪展望]

 27歳のデル ポトロは2009年の全米オープン(アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)の優勝者。この結果で両者の対戦成績はジョコビッチから11勝4敗となった。2012年のロンドン五輪(グラスコート)では銅メダルをかけた3位決定戦で対戦し、デル ポトロが7-5 6-4で勝っていた。

 デル ポトロは2回戦で、ジョアン・ソウザ(ポルトガル)と対戦する。ソウザは1回戦で、ロビン・ハッサ(オランダ)を6-1 7-5で下しての勝ち上がり。

 世界ナンバーワンのジョコビッチは、今年の全仏オープン(フランス・パリ/クレーコート)を制して生涯グランドスラムを達成。リオ五輪ではアンドレ・アガシ(アメリカ)、ラファエル・ナダル(スペイン)に続く、男子では史上3人目のキャリア・ゴールデンスラムがかかっていた。アガシは1996年アトランタ五輪、ナダルは2008年北京五輪で金メダルを獲得している。

 そのほかの試合では、第2シードのアンディ・マレー(イギリス)、第3シードのラファエル・ナダル(スペイン)、第7シードのダビド・フェレール(スペイン)、第8シードのダビド・ゴファン(ベルギー)、第10シードのロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)、第11シードのパブロ・クエバス(ウルグアイ)らが初戦を勝ち上がっている。

※一部内容に誤りがありましたので修正いたしました。(8月8日 14時50分)

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:RIO DE JANEIRO, BRAZIL - AUGUST 07: Novak Djokovic of Serbia shows his emotion as he waves to the crowd after his defeat against Juan Martin Del Potro of Argentina in their singles match on Day 2 of the Rio 2016 Olympic Games at the Olympic Tennis Centre on August 7, 2016 in Rio de Janeiro, Brazil. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

最終更新:8月8日(月)14時49分

THE TENNIS DAILY

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。