ここから本文です

ビーナス・ウイリアムズが1回戦敗退、体調を崩す [リオ五輪テニス競技]

THE TENNIS DAILY 8/8(月) 13:35配信

「リオデジャネイロ五輪テニス競技」(8月6~14日/オリンピックテニスセンター:バーハ・オリンピック・パーク/ハードコート)の女子シングルス1回戦で、第5シードのビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)がキルステン・フリプケンス(ベルギー)に敗れるという番狂わせが起きた。ファイナルセットのタイブレークでビーナスの最後のフォアハンドがラインを割ったとき、フリプケンスは地面に倒れてコート上の五輪のロゴにキスし、あたかも金メダルをつかんだかのように歓喜した。

 これは世界62位のフリプケンスにとって、非常に大きな出来事だった。彼女はグランドスラム大会の準決勝に一度しか進出したことがない。

日比野菜緒が今週敗れたベグに雪辱、日本勢はすべて初戦を突破 [リオ五輪]

 4度にわたり勝利まであと2ポイントと迫った36歳のビーナスは、ナイトマッチだったこの試合が3時間を過ぎていくうちに次第に力を失い、フリプケンスは4-6 6-3 7-6(5)で勝利をものにしたのだった。

 試合後、ビーナスは記者たちと話をしなかった。代わりに現れたアメリカ女子テニスチームのコーチ、メアリー ジョー・フェルナンデス(アメリカ)が、ビーナスはブラジル到着前から体調を崩していたことを説明。さらに、試合後に脱水症状とケイレン、そして胃痛に苛まれていることや、何とか回復して妹セレナとのダブルスでプレーできるよう祈っているということを言い添えた。

「彼女がプレーしなかったら、私はすごく驚くわ。というのも、ふたたびオリンピックでメダルを目指すことは、ここ4年の彼女の目標だったから」とフェルナンデスは続けた。「彼女はメダルを心から欲している。ビーナスをよく知っているから言うけれど、どれほど気分が悪くても彼女はコートに出てくるでしょうね」。

 ビーナスはシングルスで5度オリンピックに出場した最初のテニスプレーヤーであり、2000年シドニー五輪で金メダルを獲得。これ以前には、最低でも3回戦に進出していた。彼女はまたダブルスでも2000、2008、2012年に金メダルを獲得し、合計4つの五輪の金メダルをその手につかんでいた。

 ビーナスは先月、ウィンブルドンで準決勝に進出し、2010年以降でもっともいい成績を挙げることに成功。おかげで2011年以来の最高ランキングに到達することができた。

 2011年以降は彼女が関節痛や疲労を引き起こすシェーグレン症候群に苛まれてきたことは知られているが、今ではその問題を克服したと信じられている。

 しかし、対フリプケンス戦でのビーナスはストロークでいいリズムをつかむことができなかった。かつて女子テニス界で最高のサービスを持つと言われた彼女だが、この試合では1本しかエースを奪えず、初五輪をプレーしたフリプケンスのほうが5本多くエースを取った。ビーナスはまた、第3セット4-1のリードを無駄にしてしまい、5-3からサービスに入ったときもそこでブレークを許してしまった。

「これは私の人生でもっとも勇壮な試合のひとつだった」と試合後、フリプケンスは言った。

 そのほかにもいくつかの番狂わせが起きている。第4シードのアグネツカ・ラドバンスカ(ポーランド)と第6シードのロベルタ・ビンチ(イタリア)も1回戦負けを喫した。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: RIO DE JANEIRO, BRAZIL - AUGUST 06: Venus Williams of USA in action against Kirsten Flipkens of Belgium in the women's first round on Day 1 of the Rio 2016 Olympic Games at the Olympic Tennis Centre on August 6, 2016 in Rio de Janeiro, Brazil. (Photo by Julian Finney/Getty Images)

最終更新:8/8(月) 13:35

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]