ここから本文です

キリオスがイズナーを破りツアー2度目の優勝 [アトランタ/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 8月8日(月)20時0分配信

 アメリカ・ジョージア州アトランタで開催された「BB&T アトランタ・オープン」(ATP250/8月1~7日/賞金総額61万8030ドル/ハード コート)の男子シングルス決勝で、世界18位の21歳、第2シードのニック・キリオス(オーストラリア)が今大会3連覇中だった第1シードのジョン・イズナー(アメリカ)を7-6(3) 7-6(4)で抑え、キャリア2度目のツアー優勝を果たした。

西岡はキリオスにフルセットで敗れ、初の決勝進出ならず [BB&Tアトランタ・オープン]

 パワフルなサービスゲームで知られるイズナーだが、キリオスはその点で互角に張り合い、サービスエースの数でも17対16でわずかに上をいった。

「ジョンはここのコートと相性がいいから、厳しい試合になることはわかっていた」とキリオス。「タイブレークで僕はほとんどミスをしなかったと思う。僕は(大事な瞬間に)すべての適切なことをした。そして冷静さも保っていた」。

 このタイトルに先立つキリオスの唯一のATPツアーでの優勝経験は、2月のマルセイユ(ATP250)だった。

 試合はイズナーの4度目のダブルフォールトで幕を閉じた。そのとき、彼のこの大会での連勝は「15」で終わりを迎えることになった。

 身長193cmのキリオスは、アタランタの湿度とコート上の温度を54度近くまで上げた強い日差しに煩わされているようには見えなかった。

「今週の出だしには、まったくいいプレーをしていなかった。精神的にいい状態じゃなかった。これは理由を説明できない何かなんだと思うが」と言うが、この日のキリオスはキレのあるプレーをし、自分のサービスゲームではテンポを操れるよう素早くボールを渡すようんにボールパーソンに頼んだ。

 反対にイズナーはポイント間に息をつくために何度も体を折り曲げ、コートチェンジの際には許される限りの時間をとった。

「太陽が照りつけ、まったく雲がないときには本当にきつかった」とイズナーは言った。「本当に暑かった。今週は(ナイターが多く)太陽の下でプレーしていなかったから、適応するのがたいへんだったよ」。

 キリオスは第2ゲームで3つのブレークポイントに直面したが、これをしのいで辛くもキープ。彼もイズナーも結局一度もブレークを許さないまま、双方のセットで勝負はタイブレークに持ち込まれた。

「彼にとって、最初のサービスゲームをキープしたことが重要だったのだと思う。あれで彼は落ち着いた」とイズナーは振り返った。「もし僕があそこで取って2-0としていたら、セットを取れていたはずだ」。

 この勝利で、月曜日に発表されるキリオスの最新ランキングは、キャリア最高の16位に浮上する。一方、イズナーは17位に留まることが予想されている。

「これは楽しい週だった。親友がここに来てくれていたんだよ。母も来たし、週の序盤にはツアーで親しい数人の選手たちもここにいた。オフコートでこれほどよいときを過ごしたのは、本当に久しぶり。いいプレーができて本当によかったよ」と、キリオスは満足感を表現した。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo:ATLANTA, GA - AUGUST 07: Nick Kyrgios of Australia poses with the trophy after defeating John Isner during the finals of the BB&T Atlanta Open at Atlantic Station on August 7, 2016 in Atlanta, Georgia. (Photo by Kevin C. Cox/Getty Images)

最終更新:8月8日(月)20時0分

THE TENNIS DAILY