ここから本文です

【高校野球】中京・北川が満塁弾含む4安打の猛打で勝利貢献 “68発男”今井のお株奪う

Full-Count 8月8日(月)13時2分配信

打線爆発、16安打で12点奪う猛攻

 夏の甲子園大会2日目第2試合は岐阜・中京が大分・大分高校に12-4で勝利し、2002年以来14年ぶりの白星を飾った。

21世紀の甲子園優勝校一覧

 高校通算68本塁打の左の強打者、中京の4番・今井に注目が集まる中、それ以上に存在感を出したのが、前を打つ北川だった。初回無死二塁から痛烈な中前適時打で先制すると、3回にもタイムリー。4回には満塁で打席に入ると、右翼席へグランドスラムをたたきこんだ。4打数4安打6打点の大活躍だった。

 注目の今井は4回と8回に二塁打を放ち、4打数2安打2打点。1番の渡辺が5出塁、また5番・吉位にも一発が飛び出るなど、16安打12得点と打線が活性化した。甲子園でも強打のチームを印象づけた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8月8日(月)14時45分

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]