ここから本文です

【高校野球】中京・北川が満塁弾含む4安打の猛打で勝利貢献 “68発男”今井のお株奪う

Full-Count 8/8(月) 13:02配信

打線爆発、16安打で12点奪う猛攻

 夏の甲子園大会2日目第2試合は岐阜・中京が大分・大分高校に12-4で勝利し、2002年以来14年ぶりの白星を飾った。

21世紀の甲子園優勝校一覧

 高校通算68本塁打の左の強打者、中京の4番・今井に注目が集まる中、それ以上に存在感を出したのが、前を打つ北川だった。初回無死二塁から痛烈な中前適時打で先制すると、3回にもタイムリー。4回には満塁で打席に入ると、右翼席へグランドスラムをたたきこんだ。4打数4安打6打点の大活躍だった。

 注目の今井は4回と8回に二塁打を放ち、4打数2安打2打点。1番の渡辺が5出塁、また5番・吉位にも一発が飛び出るなど、16安打12得点と打線が活性化した。甲子園でも強打のチームを印象づけた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8/8(月) 14:45

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]