ここから本文です

女子シングルスは2年生の細木咲良(開星)が島根県初のインターハイ王者に [インターハイ/テニス]

THE TENNIS DAILY 8月8日(月)22時0分配信

 第73回全国高等学校対抗テニス大会および第106回全国高等学校テニス選手権大会(中国インターハイ・テニス競技/8月2~4日団体戦、5~8日個人戦/松江市営庭球場、安来運動公園庭球場)の最終日は松江会場で個人戦の男女シングルス決勝、個人戦の男女ダブルス決勝が行われた。

男子シングルスは野口莉央(湘南工大附)が初の全国タイトルを獲得 [中国インターハイ]

 女子シングルスは、島根県出身の細木咲良(開星)が1シードの松田美咲(浦和学院)を7-5 7-5で下し、男女通じて同県初のインターハイ・チャンピオンに輝いた。

 松田と細木の決勝は、9時から松江会場の5番コートで行われた。試合序盤はふたりとも緊張から硬さが見られ、探り合うような展開。2-2から3-3、4-4と一進一退の攻防が続いた。

 細木は「最初は緊張から動けなかったが、だんだん(試合にも)慣れてきたし、そこから自分のテニスもできた」と語るように、5-5からの第11ゲームでブレークに成功。続くゲームをキープして、第1セットを7-5で奪った。

 第2セットも終盤にゲームが動く。細木が5-4で迎えた第10ゲームのサービスゲームを落とし、「この場面が一番苦しいところだった」が、仲間や地元の人の声援を聞いて、冷静な気持ちで第11ゲームに入ったことでピンチを切り抜ける。松田のサービスゲームをリターンから攻め立ててブレークに成功すると、次の第12ゲームをきっちりと奪って、7-5で優勝を決めた。

「優勝の実感はまだないが、(優勝した)瞬間はチームのみんなが喜んでいたのを見て、“よっしゃ!”と思った(笑)」と細木。試合中は感情を表に出さない彼女だが、優勝した瞬間だけは、両手を空に突き上げて喜びを爆発させた。

 これまではジュニア大会でベスト4入りが最高成績だったが、「この優勝で壁を乗り越えられたと思う。もっと高いレベルでも活躍していきたい」。見据える先は世界、島根県の大先輩・錦織圭(日清食品)が戦う舞台だ。「これからは世界でも活躍できるようにまた頑張っていきたい」と目を輝かせた。

 昨年、2年生で出場した近畿インターハイでベスト4入りを果たし、今大会は1シードの松田は惜しくも準優勝に終わった。将来はプロ転向も考えている松田にとって、インターハイは「絶対に獲りたいタイトルだった」が、細木のカウンターショットに最後まで対応できなかった。「最後の舞台で満足する結果が残せなかったのが悔しい」と肩を落とした。

 ダブルスは沖縄尚学の下地奈緒/我那覇真子が米原さくら/浮田侑奈(秀明英光)を6-4 7-5で下して優勝を果たした。団体戦・準優勝、個人単でベスト4、ダブルスでやっと優勝できた下地は「疲れがピークだったが、最後まで何とか踏ん張ることができた」とホッとした表情で語り、涙も流した。

 元気なプレーで強豪ダブルスを連破してきた米原と浮田だったが、決勝では「いいプレーはできなかったけど、声だけは元気に出せた」と清々しい。準優勝の結果については「悔いはあるが、結果は思っていた以上」と答えた。

(テニスマガジン/編集部◎中野恵太)

最終更新:8月8日(月)22時0分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]