ここから本文です

J2最下位に沈む北九州の新助っ人が初シュートで初ゴール「感謝の気持ちでいっぱい」

theWORLD(ザ・ワールド) 8/8(月) 18:10配信

J初ゴールは貴重な同点弾

J2リーグ第27節が7日に開催され、ギラヴァンツ北九州FWロドリゴがJリーグ初ゴールを記録した。

今季、V・ファーレン長崎に加入してJリーグデビューを果たしたロドリゴだが、同クラブでは6試合の出場に留まり、得点も挙げられないままシーズン後半戦は北九州へ。しかし北九州では7月31日の岡山戦に途中出場でデビューを果たすと、8月7日の金沢戦でも1点ビハインドで迎えた77分からピッチに登場。その5分後には左サイドからのクロスに頭で合わせてネットを揺らし、北九州での最初のシュートが貴重な同点弾となった。試合は1-1の引き分けに終わっている。

試合後、初ゴールを決めたロドリゴは「初ゴールを決められてうれしいですし、今まで支えてくれた監督スタッフやサポーターの皆さんに感謝の気持ちでいっぱいで、これからもゴールを決めてチームに貢献したいです」とコメント。チームは依然として最下位だが、サポーターにも「スタジアムまで足を運んでいただけることに感謝していますし、足を運んでいただけることが選手に力を与えてくれますので、次節も多くの方に来てほしいと思います」と呼びかけている。クラブ公式サイトが伝えた。

北九州は次節、11日にホームでジェフユナイテッド千葉と対戦する。新たにチームに加わったストライカーはホームスタジアムでもネットを揺らすことができるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8/8(月) 18:10

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報