ここから本文です

3000万ポンドは決して高くない? ララーナも新戦力を称賛「予想できない存在。とても良い補強」

theWORLD(ザ・ワールド) 8月8日(月)18時50分配信

バルセロナ戦でも得点を記録

自慢のスピードを活かしてドリブル突破もできれば、最前線でゴールを狙う仕事もできる。今夏リヴァプールがサウサンプトンから獲得したFWサディオ・マネは確実にチームの攻撃力をアップさせている。先日のバルセロナ戦でもマネは得点を記録しており、サポーターもマネの爆発に期待していることだろう。

そのマネの得点に関わったMFアダム・ララーナもマネを称賛している。英『Daily Mirror』によると、ララーナはマネが今のリヴァプールにはいないタイプの選手だったと語り、良い補強だったと主張。マネがチームにフィットするかどうかについて何も心配していなかったとコメントしている。

「バルセロナ戦の様々なシーンを見ただろうけど、僕たちはトレーニングから彼が何をできるのか見てきたからね。僕は彼については心配していなかったよ。彼は僕たちが抱えている選手とは異なるタイプの選手で、予想できない存在だ。サディオはアウトサイドでもインサイドでもプレイできる。そしてバルセロナ戦のように得点を決めることができる。彼はとても良い補強だよ。僕を信じてほしい」

マネには3000万ポンドの移籍金がかかったと言われているが、サウサンプトン時代を含めたマネのパフォーマンスを考慮すると決して高い買い物ではないのかもしれない。ララーナの言葉通りマネはサイドでも中央でもプレイすることができ、昨季何かと負傷の多かったリヴァプールを救うことになるはずだ。今季のリヴァプール躍進のカギはマネが握っていると言えそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月8日(月)18時50分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報