ここから本文です

今季の目標は勝ち点40と語るレスターのラニエリ監督「笑わないでくれ」

theWORLD(ザ・ワールド) 8/8(月) 20:30配信

謙虚な姿勢を維持

7日に行われたコミュニティ・シールドでマンチェスター・ユナイテッドに惜しくも敗れたレスターのクラウディオ・ラニエリ監督が、今季の目標について言及している。

今季初のタイトルがかかったユナイテッド戦を昨季のスタメンとほぼ変わらないスカッドで臨んだレスターは、エースのジェイミー・バーディがゴールを決めるも、83分にズラタン・イブラヒモビッチに決勝弾を挙げられてしまい惜敗。試合後にラニエリ監督は次のようにゲームを振り返っている。英『sky SPORTS』が同監督のコメントを伝えた。

「マンチェスター・ユナイテッドにおめでとうと言うよ。でもレスターの選手たちもとても良い働きを見せていた。とくに後半はかなり素晴らしいサッカーをしていたね。彼らは我々の得意とするカウンターサッカーをよく見抜いていた。それを防ぐためにあらゆる策を講じてきたね。我々は決して100%のコンディションでは無かったものの、とても良かったよ。我々の今季の目標は勝ち点40を獲得することだ。笑わないでくれ。私はこれまでも同じポリシー、そして同じ謙虚さを持ちながらシーズンを戦っていく。チームは昨季とんでもない偉業を成し遂げたが、今は勝ち点40を得ることだけを考えている」

変わらずに謙虚な姿勢でシーズンに臨むと語ったラニエリ。今夏にはアーメド・ムサやバルトシュ・カプストカなど、大きなポテンシャルを秘めた新戦力をチームに加えており、世界中が彼らの快進撃に大きな期待を寄せている。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:8/8(月) 20:30

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報