ここから本文です

CBに負傷者続出のアーセナル指揮官ヴェンゲルが補強を示唆!? 「マーケットの真っ只中にいる」

theWORLD(ザ・ワールド) 8月8日(月)20時40分配信

CB確保なるか

最終ラインに離脱者が続出しているアーセナルのフランス人指揮官アーセン・ヴェンゲルが、新たな戦力を加える可能性について言及している。

7日に同じプレミアリーグのマンチェスター・シティとプレシーズンマッチを戦ったアーセナルにトラブルが発生した。チームの守備を支えてきたブラジル人CBガブリエウ・パウリスタが負傷交代の憂き目に合い、すでに長期離脱中のペア・メルテザッカーに加え、DFの負傷者が続出している。さらにフランス代表ローラン・コシエルニーは先のユーロ2016の影響もあり、チームへの合流が遅れ、開幕戦では起用できず。CBの駒不足という窮地に陥ったヴェンゲル監督は、現在の状況について次のように話している。同クラブ公式サイトが伝えた。

「我々は今マーケットの真っ只中にいる。それはこれまでにも幾度にわたって言ってきたことだ。もちろん、チームにとって容易に事が進むようなマーケットではない。ガブリエウに関するポジティブなニュースが届くことを願うしかないだろう。コシールニーはもうじきトレーニングに復帰する。だが、来週には間に合わない。ガブリエウが離脱してしまい、メルテザッカーも大きな怪我をし、コシエルニーは準備ができていない。多くの選手を失っている状態だよ」

今夏のマーケットではグラニット・ジャカと浅野拓磨を獲得するのみに留まっているアーセナル。果たしてサポーターが望んでいるような補強は敢行されるのだろうか。今後の動向に注目したい。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:8月8日(月)20時40分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。