ここから本文です

ポグバを失うユーヴェが代わりにマンUで構想外となっているボランチに興味 レンタルで獲得か

theWORLD(ザ・ワールド) 8月8日(月)22時0分配信

多くの選択肢があるが

マンチェスター・ユナイテッドに所属する元ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガーにユヴェントス行きの可能性が浮上している。

チームを率いるジョゼ・モウリーニョ監督からリザーブチーム行きを命じられたとされるシュバインシュタイガー。さらにはユヴェントスのポール・ポグバ獲得も濃厚となり、シュバインシュタイガーにチームの居場所がないことは明らかだ。そのため、ユヴェントスがこの経験豊富なドイツ人MFに興味を示していると英『Mirror』は報じた。

同紙によれば、ポグバが去ることが濃厚となっているユヴェントスはレンタルでの獲得を模索しているようだ。シュバインシュタイガーにはすでに少なくとも中国からのビッグオファーがあるとされており、本人はアメリカ行きにも興味を示している模様。まだまだやれることをEUROで証明している同選手は初のイタリア挑戦に踏み切るのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月8日(月)22時0分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。