ここから本文です

氷柱から作品 横浜でコンクール

カナロコ by 神奈川新聞 8月8日(月)8時3分配信

 プロの料理人による「県氷彫刻技術コンクール」(全日本司厨士協会県本部主催)が7日、横浜市中区のイセザキ・モールで開かれ、県内を中心に24人が腕を競い合った。

 午後1時から競技がスタート。60分の制限時間内に高さ約1メートル、重さ135キロの氷柱から作品を削り出す。この日の横浜の最高気温は33・3度(横浜地方気象台調べ)。どんどん溶けてゆく氷に、出場者は大胆かつ繊細にノミやのこぎりを入れ、汗だくになりながら作品を作っていた。

最終更新:8月8日(月)8時3分

カナロコ by 神奈川新聞