ここから本文です

アロンソ、迷走するF1を批判「頻繁な規則変更はファンを混乱させる」

オートスポーツweb 8月8日(月)17時18分配信

 マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソが、F1レギュレーションがあまりに頻繁に変わりすぎるとして、ファンが理解しやすいよう、レギュレーションを安定させるべきであるとの考えを示した。

2016年第12戦ドイツGP ドライバーズパレードのフェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)

 
 今シーズンに入ってから、予選方式、無線、イエローフラッグなど、さまざまな規則が変わり、トラックリミットに関してはサーキットごとにFIAの方針が示されている。
 アロンソは、こういった最近の状況を批判したとSky Sportsが伝えた。
 
「規則を変更し続けるのはこのスポーツにとって当然のやり方とはいえない。ほとんどの場合、結局2週間前、2カ月前、2年前の規則に戻るんだ」とアロンソ。
 
「ドライバーの僕らが規則を作っているわけでなく、決断を委ねられてもいない」
「僕らは待ち続けて、チームの話を聞くしかない。プラクティス、予選、決勝と、すべてのセッションごとに、何をしてもいいのか、いけないのかを聞くんだ。ほとんど同じ状況がこの数カ月続いている。常に規則が変わり続けているからだ」
 
「僕らにとっては大問題ではない。仕事だからね。でもファンや視聴者にとっては、ある程度安定している方がいいはずだ」

[オートスポーツweb ]

最終更新:8月8日(月)17時21分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]