ここから本文です

ジャスティン・ビーバー来日記念、ダンス企画がスタート

Billboard Japan 8月8日(月)17時5分配信

 8月13、14日に迫ったジャスティン・ビーバーの来日に向け、中高生の間で人気の動画コミュニティ”MixChannel”でのダンス企画が発表された。

 本企画はジャスティン・ビーバーの最新アルバム『パーパス』の収録曲で、大ヒット中の「ソーリー」を課題曲に、1億6千万回再生されているミュージック・ビデオ内のダンスを“ガチ”で踊って応募する、というもの。優秀者はジャスティン・ビーバー ジャパンダンスアンバサダーに認定される。

◎ジャスティン・ビーバー Sorryダンスチャレンジ 特設ページ
https://mixch.tv/p/4zpsws65

◎来日情報
【JUSTIN BIEBER PURPOSE WORLD TOUR 2016】
8月13日(土) OPEN 15:00 / START 17:00 幕張メッセ<SOLD OUT!>
8月14日(日) OPEN 14:00 / START 16:00 幕張メッセ<SOLD OUT!>

最終更新:8月8日(月)17時5分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。