ここから本文です

吉岡里帆、『あまちゃん』オーディションは「じぇじぇじぇ」で失敗

クランクイン! 8/8(月) 10:38配信

 結婚情報誌「ゼクシィ」第9代目CMガールに選ばれた女優の吉岡里帆が9日、日本テレビのトーク番組『おしゃれイズム』に出演。吉岡は、女優を目指すこととなったきっかけやその経緯、NHKの連続テレビ小説のオーディションにチャレンジしていたエピソードなどを語った。

【関連】「吉岡里帆」<フォトギャラリー>


 家の近所に撮影所があり、そこでインディーズ映画を撮影していたのを見に行った際に同世代の女性に声を掛けられ、エキストラとして出演したことが女優を目指すきっかけになったと語る吉岡。NHKの連続テレビ小説『あさが来た』に出演し注目を浴びるまでは「仕事がもらえないのは、自分に隙間ができるから」と自分を律し、体が壊れるくらいにまでアルバイトに明け暮れながら養成所に通っていた過去を振り返る。

 さらに『あまちゃん』のオーディションにチャレンジしたこともあったことを明かした吉岡は、その際ドラマでは有名になったキーワード"じぇじぇじぇ"を使った表現をせよ、との課題を与えられた際に、全部”じぇじぇじぇ”と言えというものと勘違いしていたことを告白。「”じぇ”だけでいろんな表現をさせるのか、カッコいいオーディションだなと思っていました」と勘違いをしていたエピソードを明かし、笑いを誘う。

 またこの日は、日本テレビのドラマ『ゆとりですがなにか』で共演し親しくなったというAKB48の島崎遥香がゲストとして登場。まだ3度くらいしか対面していない二人だが、島崎は「休日には美術館に行って過ごす、というような感性を持っている人を、同世代の人間として初めて会った」と、吉岡に対して強い好感を持った様子を語る。

 そしてAKB48の選抜総選挙の何日か前には、クッキーとメッセージカードで島崎を激励、その行動に感動したという島崎に対して「こんなに感動してくれた、なんて人だ!って感動しましたね」と語る吉岡。そんな吉岡に「話せば話すほど全部受け止めてくれる」と島崎は信頼を寄せていることを明かすと、MCの上田晋也は「ごめん、オレ泣きそうだわ」と、その関係にすっかり感化された様子を見せていた。

最終更新:8/8(月) 10:38

クランクイン!