ここから本文です

ノムさん、逆転優勝を目指す2位・巨人に「もう1度、ストッパーを考え直した方がいい」

ベースボールキング 8月8日(月)6時45分配信

 7日、『S☆1』(TBS系)にVTR出演した野村克也氏が、同日に行われた広島対巨人の首位攻防第3Rを解説した。

 2位巨人が連勝で、首位・広島とのゲーム差を4.5に縮め、迎えた第3戦。試合は両チーム無得点で迎えた2回に、広島が会沢翼の3ランで先制する。それでも7連勝中の巨人は3回、連続四球で一、三塁とすると、ここで4番の阿部慎之助を迎える。野村氏は「これも天才やな。巨人は天才が多いよ本当に…。天才打線と言っているんだけど、配球を読まず来た球を打つ。ストレート系には超積極的」と阿部は広島先発・岡田明丈のストレートをライトスタンドに運ぶ3ランで同点に追いつく。

 この配球に野村氏は「分からないこのキャッチャー。ランナーが2人もいるんだから長打警戒でしょう。もったいない。キャッチャーに罰金だよ」と先制3ランを放った捕手の会沢に苦言を呈した。

 続く4回には巨人の投手・マイコラスに本塁打が飛び出し、勝ち越しに成功する。「ピッチャーにホームランだよ。バッティングピッチャーが投げるような真っ直ぐだね」。広島の2番手・薮田和樹をバッサリ。

 その後、両チーム点を取り合い、7-6で巨人が1点リードし9回裏を迎える。この回からマウンドあがった巨人の守護神・沢村拓一は簡単に二死とするが、この日4安打の菊池涼介に同点弾を浴びる。これに野村氏は「ひどい失投だね。ゲームセットまで慎重にいかなきゃ」と厳しいコメント。勢いに乗った広島は、二死一塁から新井貴浩のヒットでサヨナラ勝ち。2位巨人とのゲーム差を5.5に広げた。

 野村氏は敗れた巨人の逆転優勝について「なし。もう1回ストッパーというのを考え直した方がいいんじゃない?慎重さというかね(沢村は)不用意なボールがある。俺は、彼は抑えに合っていない気がする」と分析した。

BASEBALL KING

最終更新:8月29日(月)13時33分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報