ここから本文です

24年ぶり出場の北陸、15安打9得点も打ち込まれて大敗…

ベースボールキング 8月8日(月)20時45分配信

第98回 高校野球選手権大会
北陸 9 - 19 東邦
<1回戦 8月8日>

 「第98回 全国高校野球選手権大会」は、8日に大会2日目を迎え、第4試合では、24年ぶりの夏切符を手にした北陸(福井)が、名門・東邦(愛知)に挑んだ。

 北陸は敦賀気比が絶対的な強さを誇る福井県の頂点を獲り、1992年以来となる3度目の甲子園出場。ところが、ミスから先制を許すと、東邦の強力打線の勢いを止めることが出来ず、徹底的に打ち込まれて大敗。15安打で9得点を奪うも、24年ぶりの夏は初戦敗退となった。

 先発の左腕・水野隼斗(3年)は初回、ヒット1本を許したものの無失点と、まずまずの立ち上がり。しかし、2回に先頭打者を内野安打で出塁させたところに2失策が絡み、1点を失うと、なんとか2死までこぎつけながら暴投で三塁走者の生還を許し、自滅する形で2点を献上。これで完全にリズムを崩すと、連続四球で走者を貯めたところにタイムリーを浴びて1点を奪われ、序盤から3点のビハインドを背負うことになった。

 続く3回にも1点を失ったが、4回に打線が反撃。先頭の1年生トップバッター・山内佑真がセンター前ヒットで出塁すると、続く2番の中川大治(3年)がライトへのスリーベースを放ち1点を返す。

 さらに1人が倒れた後、4番の八木雅也(3年)が同じく右方向にタイムリーを放って2点目を返し、2点差まで詰め寄った。

 ここで踏ん張りたい北陸だったが、その裏に東邦の猛攻にさらされる。1点を失い、再びリードを3点に広げられると、4番の藤島健人(3年)を迎えたところで、2番手の本多拓生(3年)にスイッチ。ところが、これが誤算。無情にも初球を右中間スタンドに運ばれ、怒涛の攻撃を呼び込んでしまう。

 結局、この回は打者16人による11安打集中の猛攻で、12失点。敗色が濃厚となる。

 それでも、最後まで必死に食らいついて行ったナインは相手のミスを逃さず、地道にヒットを重ねることで小刻みに加点。7回に3点、8回には2点を返し、最終回にも2点を加えた。ただ、19失点はあまりにも重く、24年ぶりの初戦突破はならなかった。


▼ 北陸・谷津田伸二監督
「立ち上がりはいい形で入ったが、4回に浮足立ってしまった。打つ方は粘り強く頑張ってくれた。1、2年生には次がある。その意味で3年生が最後までいいプレーをしてくれた」

BASEBALL KING

最終更新:8月8日(月)20時51分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。