ここから本文です

D・アウヴェスとイグアインがデビュー…ユーヴェ、ウェストハムに競り勝つ

SOCCER KING 8月8日(月)8時8分配信

 プレシーズンマッチが7日に行われ、ウェストハムとユヴェントスが対戦した。

 アウェーでの一戦に臨んだユヴェントスは、イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンやアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ、クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチらが先発メンバーに名を連ねた。

 また、バルセロナから加入したブラジル代表DFダニエウ・アウヴェス、バイエルンからレンタル移籍加入のモロッコ代表DFメディ・ベナティアやローマから移籍のボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表MFミラレム・ピアニッチといった新戦力も先発出場した。D・アウヴェスにとっては新天地でのデビュー戦となった。

 今シーズンからウェストハムが本拠地として使用するロンドンのオリンピック・スタジアムで開催された一戦。均衡を破ったのはユヴェントスだった。18分、D・アウヴェスのクロスをマンジュキッチが打点の高いヘディングで後方に落とし、反応したディバラが左足シュートを決めた。

 さらに3分後には、敵陣右サイドで縦パスを受けたディバラが巧みなステップワークで反転し、ペナルティーエリアに進入。ドリブルでカットインすると、左前方へラストパスを送る。フリーで待っていたマンジュキッチが難なく押し込み、追加点を奪った。

 2点ビハインドを負ったウェストハムも34分に反撃。左サイドからのクロスをアンディ・キャロルが頭で合わせると、GKブッフォンに弾かれたボールが右ポストに当たったところに詰めてゴールネットを揺らした。前半は2-1で終了した。

 後半開始時から、ユヴェントスはゴンサロ・イグアインを投入。ナポリから電撃加入したストライカーが新天地デビューを迎えた。

 しかし、次のゴールはウェストハムのものだった。54分、右サイドからのFKに反応したキャロルが打点の高いヘディングシュートで自身2点目を記録。ウェストハムが2-2の同点に追いついた。

 打ち合いとなった一戦。両チームともに選手交代を繰り返しながら試合は終盤へと突入した。そして86分、最終ラインの背後へのロングフィードに反応して抜け出したユヴェントスのシモーネ・ザザが左足シュートを突き刺し、決勝ゴールを記録。アウェーのユヴェントスが3-2で競り勝った。

【スコア】
ウェストハム 2-3 ユヴェントス

【得点者】
0-1 18分 パウロ・ディバラ(ユヴェントス)
0-2 21分 マリオ・マンジュキッチ(ユヴェントス)
1-2 34分 アンディ・キャロル(ウェストハム)
2-2 54分 アンディ・キャロル(ウェストハム)
2-3 86分 シモーネ・ザザ(ユヴェントス)

SOCCER KING

最終更新:8月8日(月)8時8分

SOCCER KING

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。