ここから本文です

“シュートへの意識”が結実した同点弾…中島翔哉「精一杯頑張るしかない」

SOCCER KING 8月8日(月)12時45分配信

 リオデジャネイロ・オリンピックのグループステージ第2節が6日に行われ、日本とコロンビアが対戦。日本は65分時点で0-2とビハインドを負ったが、67分にFW浅野拓磨(サンフレッチェ広島)、74分にMF中島翔哉(FC東京)がゴールを決め、2-2の引き分けに持ち込んだ。

 鮮やかなミドルシュートを決め、チームを敗退危機から救った中島。値千金の活躍を見せた背番号「10」は試合後、「勝つしかなかったので、シュートを打っていかないといけないと思っていたし、試合前からそれは意識していたので打ちました」と心境を振り返り、2点差を追いついた一戦を終えて以下のように語った。

「今日も勝てた(試合だった)のですごく悔しいですけど、観客を味方につけることができたので、次もそんなサッカーができるようにしたいと思います」

 日本は10日(日本時間11日)に行われるグループステージ第3戦でスウェーデンと、コロンビアはナイジェリアと対戦する。

 中島は次戦に向けて「(決勝トーナメントへ)勝ち上がれるどうかは他の結果によりますけど、自分たちは精一杯頑張るしかないですし、この舞台を楽しみたいと思います」と、前向きなコメントを残した。

SOCCER KING

最終更新:8月8日(月)12時45分

SOCCER KING