ここから本文です

PK戦を制して勝ち進んだ浦安フットボールクラブが、4年ぶりにEXILE CUP中国大会優勝

SOCCER KING 8月8日(月)14時22分配信

 7月26日、小学4年生から6年生を対象としたフットサル大会「EXILE CUP 2016」の中国大会が岡山県で初めて開催された。2010年のワールドカップ・南アフリカ大会をきっかけに始まったこの大会は今年で7年目を迎え、4000名以上の子どもたちが参加。年々、エントリー数が増え続け、各エリアの大会で参加上限をさらに上げているが、中国大会でも100チーム近くの応募があり、この日は厳正な抽選によって決まった52チームが、夏空の水島緑地福田公園 サッカー場兼ラグビー場(岡山県倉敷市)に集まった。

 開会式を終え、参加者全員で行なったウォーミングアップは、大会のスペシャルサポーター、EXILE ÜSAさん考案の「EXダンス体操」。はじめのうちははにかんだ表情を見せていた子どもたちも、「Choo Choo TRAIN」の動きに差し掛かると、リズムに乗り、最後には弾ける笑顔が目立った。

 午前9時半、グラウンドに設けられた6つのコートで一斉にキックオフの笛が鳴った。1ブロック4チームによる予選リーグのスタートだ。ピッチサイドからチーム関係者と父兄らの声援が響く。注目は昨年の中国大会覇者で、全国大会で準優勝した「HIRO FC」(岡山)、2015年大会優勝チームの「八雲スポーツ少年団サッカー部」(島根)、2014年大会優勝チーム「浦安フットボールクラブ」(岡山)。テンポよくボールを回すチーム、個人技でゴールを決めていくチーム、守備の堅いチーム、さまざまな持ち味を発揮しながら、ほぼ予定通りの13時46分に、各チームは3試合を戦い終えた。

 14時過ぎに行なわれた決勝トーナメント組み合わせ抽選会では、ÜSAさんと劇団EXILEのメンバーが登場し、挨拶を行なった。休憩時間には、ボールボーイを務める少年たちと軽くゲームを行なうなど、和やかなシーンが繰り広げられ、訪れた人々から熱い視線が注がれた。

 そしていよいよ16チームが参加する決勝トーナメントがスタート。各コートで、予選の疲れも見せず、狙いのはっきりとした丁寧なプレーが続いた。準々決勝の4試合のうち、2試合がPK戦にもつれこむ接戦。「浦安フットボールクラブ」(岡山)は、GKの吉國幸輝君が3本を止める好パフォーマンスで、PK戦を制して準決勝に進んだ。

 決勝トーナメント1回戦で前年大会のチャンピオン、「HIRO FC」が敗れる波乱も巻き起こる中、決勝に進んだのは、「アヴァンサールフットボールクラブjr」(岡山)と「浦安フットボールクラブ」。中盤でのボールの奪い合いが続いたが、前半終了間際、浦安の10番、西山琉ノ介君が先制。さらに後半、浦安の11番、塚雄太君がFKを直接決めて、2点リード。その後、「アヴァンサールフットボールクラブjr」が1点を返したが、2-1で浦安が勝利した。浦安の選手たちに、もっとも印象に残っている場面を聞くと、全員が「PK!」と元気よく答えた。試合を見ていた人も、「GKが顔面でボールを止めるのを見て、このチームが勝つなと思った」と言うほど、気迫あふれる戦いだった。戦いを終えた監督は、「今日プレーしてくれた選手全員にありがとうと言いたい。全国大会にも、いつも通りの練習をして臨みます」と話した。

取材=尾原千明 写真=近藤 駿

SOCCER KING

最終更新:8月9日(火)11時52分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]