ここから本文です

「自分の判断ミス」…初先発の井手口、1失点目を反省「次につなげる」

SOCCER KING 8月8日(月)14時13分配信

 リオデジャネイロ・オリンピックのグループステージ第2節が6日に行われ、日本とコロンビアが対戦。日本は65分時点で0-2とビハインドを負ったが、67分にFW浅野拓磨(サンフレッチェ広島)、74分にMF中島翔哉(FC東京)がゴールを決め、2-2の引き分けに持ち込んだ。

 MF井手口陽介(ガンバ大阪)はボランチの一角として先発メンバーに名を連ね、今大会初出場を果たした。試合後には「前の試合(ナイジェリア戦)よりはみんなが連動して、『立ち上がりから前からプレスに行こう』と言っていたのがうまくハマった」と一定の手応えを示しつつ、1失点目の場面について反省の弁を述べている。

 今大会初出場ながら、試合にはすんなりと入ることができたという井手口。「個人としてもチームとしても、やっぱり立ち上がりの守備を」意識して臨んだ一戦、前半途中にイエローカードを受ける場面もあったが、積極的なボール奪取で中盤を支えた。

 ただ、1失点目の場面ではテオフィロ・グティエレスに振り切られ、ミドルシュートを決められてしまった。井手口は「自分が簡単に入れ違われた。ゴール前ではもっとシビアに行かないといけないと思うので、そこは改善していかないといけないと思いました」と反省の弁。一連のプレーを以下のように振り返っている。

「(グティエレスが)後ろにトラップするかな、と思って先読みして行ったら、そのまま前を向いた。中盤とかだったら、多少は前を向かれてもまだ追いつけますけど、ゴール前だったので(追いつけなかった)。そういった自分の判断ミスで失点につながったので、反省して次につなげていければ」

 課題を口にした井手口は「先制点を取れたら、もっと流れは変わっていたと思う。やっぱり決められるところで自分も決めていけるようにしていきたいです」と攻撃面での向上も誓っていた。

 日本は10日(日本時間11日)に行われるグループステージ第3節でスウェーデンと、コロンビアはナイジェリアと対戦する。

SOCCER KING

最終更新:8月8日(月)14時14分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]