ここから本文です

まさかの2戦連続ノーゴール…ブラジル指揮官「ファンに謝りたい」

SOCCER KING 8月8日(月)18時13分配信

 リオデジャネイロ・オリンピックのグループステージ第2節が7日に行われ、グループAでは開催国のブラジル代表とイラク代表が対戦。ブラジルはボールポゼッション率で相手を圧倒し、幾度となく決定機を迎えながらもゴールを奪うことができなかった。2試合連続で0-0の引き分けに終わっている。

 自国開催大会で開幕2試合連続の無得点に終わったブラジル。4日の南アフリカ戦に続いて、スタジアムは大ブーイングで包まれた。試合後、ロジェリオ・ミカーレ監督は「ファンに謝りたい」とコメントした。ブラジルメディア『グローボ』が伝えている。

 ミカーレ監督は「勝利を収めてさえいれば、評価されていただろう。そういう試合だった。人々から我々が評価されるのは、勝利を収めた時だけだ」と前置きし、以下のように続けた。

「ファンやブラジリアの人々に謝罪したい。我々は自分たちのサッカーをすることができなかった。人々は我々を大いにサポートしてくれたが、最後はブーイングをしていたね。ファンにフラストレーションを与えてしまったと思う」

「勝つためには点を取らなければならない。また(第3節では)同じような歓迎をしてもらえればと思う。目的を達成し、ページをめくりたい(次へ進みたい)と思う」

 ブラジルは2試合を終えて勝ち点「2」で、イラクと並んでグループ2位。次戦は10日、1勝1分けでグループ首位のデンマークと対戦。イラクは同日、1分け1敗の南アフリカと対戦する。

SOCCER KING

最終更新:8月8日(月)18時13分

SOCCER KING