ここから本文です

反撃弾の浅野、決勝T進出へ「力を出し切る。あとは神様が決めること」

SOCCER KING 8月8日(月)14時43分配信

 リオデジャネイロ・オリンピックのグループステージ第2節が6日に行われ、日本とコロンビアが対戦。日本は65分時点で0-2とビハインドを負ったが、67分にFW浅野拓磨(サンフレッチェ広島)、74分にMF中島翔哉(FC東京)がゴールを決め、2-2の引き分けに持ち込んだ。

 反撃の狼煙を上げるゴールを決めた浅野は試合後、「僕たちには(同点に)追いつける力があると思っていました」と心境を振り返り、「持っている力を120パーセント、出し切りたい」と次戦を見据えていた。

 浅野は2点ビハインドを負う苦しい展開について「まずは失点しないことをチーム全体で考えていましたけど、失点してしまったことは仕方がない」と話したうえで「僕たちには(同点に)追いつける力があると思っていましたし、“絶対に追いついて追い越せる”と思っていました」と、当時の心境を明かした。

 自身のゴールシーンについては「(南野)拓実から良いパスが来たので、あとはもう落ち着いて振り抜くだけでした。あと1点を追う展開だったので、“もう1点を早く取らないと”と思っていました」と冷静に振り返った浅野。次戦に向けて、以下のように抱負を述べた。

「まだ終わったわけではないので、最後の最後、僕たちが持っている力をしっかり出し切る。あとはもう、サッカーの神様が決めることかなと思います。僕たちは持っている力を120パーセント、出し切りたいと思います」

 日本は10日(日本時間11日)に行われるグループステージ第3節でスウェーデンと、コロンビアはナイジェリアと対戦する。

SOCCER KING

最終更新:8月8日(月)14時43分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報