ここから本文です

ドローに不満のコロンビア指揮官「ナイジェリアを倒すために最善を」

SOCCER KING 8月8日(月)16時5分配信

 初戦でスウェーデン代表と引き分けたコロンビア代表は、勝てば決勝トーナメントが大きく近づく日本代表戦を2-2のドローで終えた。

 7日、リオデジャネイロ・オリンピックのグループステージ第2節が行われ、日本とコロンビアが対戦。コロンビアは59分にテオフィロ・グティエレスのゴールで先制すると、65分にはオウンゴールでリードを広げた。ところが直後の67分、浅野拓磨にゴールを許すと、74分には中島翔哉に鮮やかなミドルシュートを決められ同点に。終盤は逆転を狙う日本に押し込まれながら、なんとか2-2のままタイムアップを迎えた。

 2点のリードを守りきれなかったコロンビアのカルロス・レストレポ監督は、「様々なことが要因に挙げられる。それはインテンシティの問題、フィジカルの問題だ。状況を打開しようと試みたが、特に後半は日本の方が我々より良かった。このグループはポテンシャルのある国が揃っているね」と試合を振り返る。

 また、「もちろん結果には満足していない。今日の試合はよくなかった」と不満を述べた一方、「チームとしてまとまっていたという部分では満足している。フィジカル面では良くなっていた。ピッチの中では様々なことが起こるが、チームとして機能するという部分は見せられたと思う」と、フィジカル面では初戦から改善が見られたと主張した。

 グループBは、2連勝で勝ち点「6」のナイジェリア代表が首位、同「2」のコロンビアが2位、日本とスウェーデンが同「1」で並んでいる状況だ。

 レストレポ監督は、勝てば自力でのグループステージ突破が決まる10日のナイジェリア戦に向けて、「(相手は)いいチームだが、我々にチャンスがないわけではない。チームはよくなってきていると思うから、このまま続けていくことが大事だ。うまくコンディションを調整して、ナイジェリア代表を倒すための最善を尽くすよ」と意気込んでいる。

SOCCER KING

最終更新:8月8日(月)16時5分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。