ここから本文です

連続ドローのブラジル、ネイマールに批判集中…取材拒否で無言貫く

SOCCER KING 8月8日(月)19時4分配信

 リオデジャネイロ・オリンピックのグループステージ第2節が7日に行われ、グループAでは開催国のブラジル代表とイラク代表が対戦。スコアレスドローに終わった。

 ブラジルはボールポゼッション率で相手を圧倒し、幾度となく決定機を迎えながらもゴールを奪うことができなかった。自国開催大会で2試合連続の無得点。4日の南アフリカ戦に続いて、スタジアムは大ブーイングで包まれた。

 キャプテンを務めるFWネイマール(バルセロナ)は試合後、報道陣の取材に応じず、無言を貫いてチームバスに乗り込んだようだ。ブラジルメディア『グローボ』が伝えている。

 オーバーエイジ選手として自国開催の五輪代表メンバーに選出され、背番号「10」とキャプテンマークを纏ってピッチに立っているネイマール。2試合連続ノーゴールという不甲斐ない結果を受け、地元のファンから痛烈な批判を浴びている。ファンの一部は、ブラジル女子代表FWマルタを引き合いに出して「マルタの方がネイマールよりも良い選手だ」という旨のチャントを歌っていたとも報じられている。

 報道によると、ネイマールはイラク戦後、メディアの取材には応じずに無言を貫いたようだ。同選手について、同じくオーバーエイジ選出のMFレナト・アウグスト(北京国安)は以下のようにコメントしている。

「彼も人間なんだ。彼は今、少しの間、一人になることを望んでいる。人々はわかってくれない時もあるけどね。今はよく考えて、結束すべき時だ。勝つために結束しなければならないよ」

 ブラジルは2試合を終えて勝ち点「2」で、イラクと並んでグループ2位。次戦は10日、決勝トーナメント進出を懸けてグループ首位のデンマークと対戦する。

SOCCER KING

最終更新:8月8日(月)19時17分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]