ここから本文です

香川真司が五輪代表にメッセージ「18人に選ばれた誇りを胸に勝利を」

SOCCER KING 8月8日(月)22時26分配信

 ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司が8日に自身のブログ(http://lineblog.me/kagawa/)を更新し、リオデジャネイロ・オリンピックを戦う日本代表へのメッセージをつづった。

 リオ五輪日本代表は7日、グループステージ第2節でコロンビア代表と対戦し、2-2の引き分けに終わった。初戦でナイジェリア代表に敗れていた日本は勝ち点1を獲得し、決勝トーナメント進出になんとか望みをつないでいる。

 香川は、「スイスキャンプも終盤に入ってきました」と近況を報告すると、「今日は五輪代表について書きたいと思います」と続けた。

「まだまだ可能性がありますし、次の試合に向けて、良い準備をする事が大事だと思います。アジア予選でギリギリの状態でもこのチームは跳ね返すことができましたし、この状況を乗り越えられるチームを手倉森さんは作っていると思います」

 また、2008年の北京大会で五輪の舞台を経験している香川は、「僕は北京での経験も本当に大事だったと思っていますが、今、目の前にある試合に向けて、日本から選ばれた18人だという誇りを胸に次の試合に勝利して欲しいです。ヨーロッパから応援しています」と、後輩に向けてエールを送っている。

 日本代表は10日、グループステージ第3節でスウェーデン代表と対戦する。

SOCCER KING

最終更新:8月8日(月)22時26分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。