ここから本文です

途中出場のFW武藤嘉紀が復帰後初弾、マインツはリバプールに4発完封

ゲキサカ 8月8日(月)10時15分配信

 FW武藤嘉紀の所属するマインツは7日、リバプールとプレシーズンマッチを戦い、4-0で勝利した。武藤は後半25分から途中出場し、4点目を記録。故障からの復帰後初となるゴールを決めている。

 試合は前半15分に獲得したPKをDFダニエル・ブロジンスキが決め、マインツが先制に成功。前半終了間際の45分には左サイドから仕掛けたFWジョン・コルドバが追加点を記録。2-0で前半を折り返す。

 後半に入っても攻め手を緩めないマインツ。後半14分にはMFユヌス・マリのミドルシュートで3-0に突き放す。後半25分には武藤が投入された。すると出場から4分後に得点を挙げる。右クロスに頭で合わせ、ゴールネットを揺らした。武藤のゴールで試合を決定付けたマインツは、そのまま4-0で勝利した。

 武藤は今年2月6日のブンデスリーガ第20節ハノーファー戦(1-0)で右膝外側側副靭帯を損傷。復帰間近だった3月30日の練習中に再発し、リハビリを続けていた。日本での治療を経て、6月にマインツに合流。7月28日のセビージャ戦後、同31日には膝を軽く痛めていたが問題はなかった様子。復帰後3戦目となった、この日の試合で待望の“復帰後初ゴール”を記録した。

最終更新:8月8日(月)10時15分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]