ここから本文です

高額移籍金のイグアインが“太りすぎ”と話題…「ポケモンGOやれば?」と皮肉られる

ゲキサカ 8月8日(月)18時1分配信

 今夏、ナポリからユベントスに加入したFWゴンサロ・イグアインが「太りすぎ」と話題になっている。イタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』が伝えている。

 イグアインは今夏、9000万ユーロ(約102億円)とみられる移籍金でナポリからユベントスに加入。7日に行われたウエスト・ハムとのプレシーズンマッチで後半開始から出場し、ユベントスでのデビューを果たした。だが、特に印象的なプレーを見せることはできず、むしろ注目されたのはその見た目の方だった。

 ユニフォームの上からでもお腹の膨らみが目立っていたイグアインに対し、SNS上では「イグアインは貨物機でトリノへ戻る」「移籍した理由はナポリのシャツが窮屈だったからだ」「ポケモンGOをやれば(ポケモンを捕まえるために歩くため)痩せるんじゃない?」などと皮肉めいた発言が多くみられた。イギリスのコメンテーターも「デブだ」と何度も口にしていたという。

 昨季、セリエAで36得点を記録し、得点王に輝いたイグアイン。開幕までにコンディションを整え、高額移籍に見合う活躍を見せることができるだろうか。

最終更新:8月8日(月)18時22分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]