ここから本文です

明大や早大、大体大らが8強!立命が筑波に逆転勝利、順大は関大を2発完封:総理大臣杯

ゲキサカ 8/8(月) 23:04配信

 第40回総理大臣杯全日本大学トーナメントの2回戦が8日に各地で行われた。明治大(関東5)は初戦で阪南大を下した東海学園大(東海2)と対戦。先制され、後半アディショナルタイム1分に追いつくと、延長戦では決着がつかず。PK戦の末にPK5-3で勝利した。また立命館大(関西3)は筑波大(関東5)を2-1で撃破。8強は関東勢が5校、関西勢が3校という顔ぶれになった。

 初出場の桐蔭横浜大(関東1)は常葉大学浜松キャンパス(東海3)に3-1の勝利で8強入り。関東予選にあたるアミノバイタルカップ同様に、連戦を見据えて大幅にメンバーを入れ替えた。ゴールマウスはGK三浦和真(3年=東京Vユース)が守った。

 試合が動いたのは後半35分、右CKの流れから最後はFW浅川隼人(3年=八千代高)がネットを揺らす。しかし同43分に失点し、10分ハーフの延長戦へ突入。すると延長前半2分に途中出場のFW鈴木国友(3年=相洋高)、同9分にはMFイサカ・ゼイン(1年=桐光学園高)が試合を決定づけるゴールを奪取。3-1で準々決勝行きを決めた。

 関西王者・関西大は順天堂大(関東8)に0-2の敗戦。後半10分に献上したPKをDF毛利駿也(3年=山梨学院大附高)に決められ、1点を追う展開となる。後半23分には順天堂大のゲームキャプテンDF坂圭祐(3年=四日市中央工高)が2枚目の警告を受けて退場した。

 数的有利に立った関西大だが、ゴールは遠い。後半アディショナルタイム4分にはドリブル突破から2戦連続となるゴールをFW旗手怜央(1年=静岡学園)に許し、0-2で試合は終了。8強入りならなかった。勝利した順大はまたもルーキー旗手がゴール。坂を欠くことになる準々決勝では、びわこ成蹊スポーツ大と戦う。

 立命館大(関西3)は筑波大(関東5)に2-1の逆転勝利を飾った。前半4分に筑波大がMF野口航(3年=大津高)のヘディングシュートで先制も、そこから立命館大が2発。前半25分にMF中野匠(3年=広島ユース)の2戦連続ゴールで追いつき、3分後にはFW木藤舜介(2年=東福岡高)が逆転弾。そのまま逃げ切り、8強入りを果たした。

 早稲田大(関東2)は中京大(東海1)に2-1で勝利した。前半5分にMF鈴木裕也(3年=武南高)のゴールで先制、同アディショナルタイム1分にはCKからDF熊本雄太(3年=東福岡高)が追加点。2-0の後半16分に失点したが、2-1で8強進出した。

 びわこ成蹊スポーツ大(関西4)は国士舘大(関東4)に1-0で勝利した。後半18分に途中出場したFW清川流石(2年=愛媛ユース)の2戦連続弾が決勝点となっている。

 明治大は東海学園大(東海2)との死闘を制した。前日に阪南大を下して勢いに乗る東海学園大は、後半30分にFW畑潤基(4年=東海学園高)の2日連続弾で先制。しかし後半アディショナルタイム1分、途中出場のFW丹羽詩温(4年=大阪桐蔭高)の右足シュートが決まり、明治大が試合を振り出しに戻した。

 延長戦でも決着はつかずにPK戦へ突入。互いに2人目まで決めるも、後攻・東海学園大は3人目のキッカーMF竜田和哉(3年=大阪桐蔭高)のシュートがGK服部一輝(4年=札幌大谷高)に止められる。明治大は5人目まで全員が成功させ、試合は終了。PK5-3で勝利した明治大がベスト8入りした。

 また、大阪体育大(関西2)は関東学院大(関東7)に4-0の貫禄勝ち。シュート数でも17本と相手の4本を大きく上回っての快勝となった。FW古城優(2年=堺西高)が1回戦に続くゴールを含む2得点の活躍をみせ、DF菊池流帆(2年=青森山田高)はFKに合わせてのヘディング弾。10番のMF池上丈二(4年=青森山田高)は2アシストと大きく貢献した。

 また悪天候で延期された影響で、前日7日に1回戦を戦ったばかりのチーム同士の一戦。日本体育大(関東6)は鹿屋体育大(九州1)に0-0の末にPK5-4で勝利した。

 0-0で決着はつかずにPK戦へ。先攻の鹿屋体育大、日本体育大ともに3人目まで全員が成功させる。それでも鹿屋体育大の4人目、MF福本将也(4年=東福岡高)のシュートをGK長谷川洸(3年=東京Vユース)がストップ。その後は互いに成功させる。4-4で迎えた日本体育大の5人目、DF福田圭佑(3年=横浜FMユース)がしっかりと決めて試合は終了。0-0PK5-4で日本体育大が勝利した。

結果は以下のとおり 

【総理大臣杯2回戦】(8月8日)
[キンチョウスタジアム]
筑波大 1-2 立命館大
[筑]野口航(4分=補・浅岡大貴)
[立]中野匠(25分)、木藤舜介(28分=補・池松大騎)

桐蔭横浜大 3-1(延長) 常葉大浜松キャンパス
[桐]浅川隼人(80分=補・田中憧)、鈴木国友(92分=補・石川大地)、イサカ・ゼイン(99分=補・佐々木俊輝)
[常]前田直輝(88分=補・大野耀平)

[ヤンマーフィールド長居]
国士舘大 0-1 びわこ成蹊スポーツ大
[び]清川流石(63分)

順天堂大 2-0 関西大
[順]毛利駿也(55分)、旗手怜央(90分+4=補・室伏航)

[三木総合防災公園陸上競技場]
日本体育大 0-0(PK5-4) 鹿屋体育大

早稲田大 2-1 中京大
[早]鈴木裕也(5分)、熊本雄太(45分+1=補・相馬勇紀)
[中]猪木遼平(61分)

[J-GREEN堺・メインフィールド]
明治大 1-1(PK5-3) 東海学園大
[明]丹羽詩温(90分+1)
[東]畑潤基(75分)

関東学院大 0-4 大阪体育大
[大]古城優2(18分、37分)、菊池流帆(26分=補・池上丈二)、大田賢生(90分+2=補・池上丈二)

【総理大臣杯準々決勝】(8月10日)
[ヤンマースタジアム長居]
明治大 15:30 大阪体育大
桐蔭横浜大 18:00 立命館大

[ヤンマーフィールド長居]
早稲田大 15:30 日本体育大
びわこ成蹊スポーツ大 18:00 順天堂大

最終更新:8/8(月) 23:04

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています