ここから本文です

JTA、沖縄県外の子供対象に図画コンクール

Aviation Wire 8月9日(火)8時51分配信

 日本トランスオーシャン航空(JTA/NU)は、「第1回美ら海図画コンクール」(主催:JTA)の表彰式を8月5日に沖縄県庁で開催した。全国から80点の応募があり、8点の入賞作品が選ばれた。

 コンクールは、沖縄県外在住の未就学児が対象。沖縄の海に生きる生物を描くことで、子供たちに感受性豊かな人物に育ち、沖縄に関心を深めてもらうのが狙い。

 沖縄県知事賞には、兵庫県の太田陽翔(はると)くん(6)、沖縄美ら島財団賞は東京都の勝山瑞基くん(4)、アンテナ・プレスクール賞は東京都の石原優斗くん(4)が受賞。表彰式に家族とともに参加し、賞状や賞品が贈られた。

 JTAの丸川潔社長は、「本土から沖縄の美ら海に思いをはせ、親子で会話しながら絵を描いてくれた思い出は、子供たちの心に深く刻まれ、沖縄への憧れを抱くきっかけになる」と話した。

 入選作品はJTAのウェブサイトで紹介するほか、機内誌「Coralway」への掲載を予定。9月12日から23日まで沖縄県庁県民ホールで、10月1日から14日までは沖縄美ら海水族館イベントホールで展示する。

 今回のコンクールは、一般財団法人沖縄美ら島財団とアンテナ・プレスクールとの共催。沖縄県と一般財団法人沖縄観光コンベンションビューローが後援し、沖縄タイムス社や琉球新報社などが協賛した。

Tadayuki YOSHIKAWA

最終更新:8月9日(火)8時51分

Aviation Wire

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]