ここから本文です

上半期の違法薬物摘発量2468キロ 取り締まり強化へ/台湾・関務署

中央社フォーカス台湾 8/9(火) 11:36配信

(台北 9日 中央社)財政部関務署(財務省関税局に相当)は3日、今年上半期の違法薬物の摘発件数が190件に上り、押収量は2468キロに達したと発表した。今後は取り締まりを強化する方針。

昨年同期比では、摘発件数は6.74%増加。押収量は14.88%減少した。摘発が多かったのは、覚せい剤のアンフェタミンや合成麻薬のケタミン。アンフェタミンの原料となるエフェドリンなども目立った。

押収された違法薬物の量は、1人1回の使用量を2グラムとすると、123万人分になるという。

同署では引き続き違法薬物工場への原料の流入を防ぎ、社会治安と国民の健康を守りたいとしている。

(邱柏勝/編集:齊藤啓介)

最終更新:8/9(火) 11:36

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。