ここから本文です

池田勇太 覚えたポルトガル語は「あしたの朝、何時に来る?」

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 8月9日(火)8時15分配信

「リオデジャネイロ五輪」のトーナメントウィークを迎えた8日(月)、池田勇太は午後からオリンピックGCのイン9ホールで練習ラウンドを行った。

リオデジャネイロ五輪 ゴルフフォトギャラリー

「今日は風も穏やかだったし、体のコンディションも良くなったので、試合に近い感じでより細かく準備ができた」という池田。「ホールによっては長いところもあるし、短いところもある。アンダーパーで回れれば上出来かな。メリハリが大事になる」と徐々にコース攻略のイメージを固めつつあるところだ。

この日、初日と2日目のペアリングが発表され、ローペ・カッコ(フィンランド)、ミゲル・タブエナ(フィリピン)と同組になった。「(ギャラリーが)誰もいないしね。そんなに早く意気込んでもしょうがない」と、まだ気持ちは試合モードにはなっていない。コース近くのコンドミニアムを拠点にする池田は、この日は自分で握り飯を作ってコースに持参。報道陣に振る舞うなど、肩の力を抜いた調整を続けている。

ブラジルにはポルトガル語の入門書を持参した。コンドミニアムに来る地元のお手伝いさんが“先生”だという池田は、「‘おはよう’は‘ボンヂア’でしょ。‘ありがとう’は‘オブリガー(ド)’。ドはあんまり言わなくてよいんだって」と、覚えたてのポルトガル語を披露。「‘あしたの朝、何時に来る?’とかは言えるようになった」と、少しだけ胸を張った。(ブラジル・リオデジャネイロ/今岡涼太)

最終更新:8月9日(火)8時15分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。