ここから本文です

『ポケモンGO』アプデで「かくれているポケモン」機能が登場、バッテリーセーバーが復活したほかバグ修正も

インサイド 8月9日(火)11時24分配信

Nianticは、iOS/Android『Pokemon GO』のアップデート情報を公開しています。

『Pokemon GO』は、『ポケットモンスター』シリーズを題材にした位置情報を活用して遊ぶゲームです。現実世界で「ポケモン」の捕獲が体験でき、家の外に出てポケモンを探したり、他のプレイヤーとのバトルなども楽しむことができるようになっています。

今回は、iOS版(1.3.0)およびAndroid版(0.33.0)の新バージョンが配信開始されました。このアップデートでは、モンスターボールを投げた際のボーナスが出ないバグが修正されたほか、iOS版のバッテリーセーバーが復活。さらに、これまで「近くにいるポケモン」として存在していた機能が「かくれているポケモン」と改善され一部のユーザー向けにテストされるようになっています。

■アップデート情報
・運転時や高速移動時にプレイを控えて頂くよう、注意画面を追加しました。運転者ではない方は確認ボタンをタップすることでプレイを継続できます。

・モンスターボールをうまく投げた時 (Nice, Great, Excellent)のXPボーナスが出ないバグを修正しました

・カーブボールを投げた時の曲がり具合を修正しました

・実績メダルの画像の間違いを修正しました

・iOS版バッテリーセーバーの不具合を修正し、機能を復活させました

・トレーナーのニックネームを一度だけ変更できるようにしました。変更は一度のみですので、慎重に選んでくださいね!

・チームリーダー (キャンデラ、ブランシェ、スパーク)のビジュアルをアップデートしました

・近くのポケモンを探すための機能を一部のユーザー向けにテストしています。期間中一部画面の表示が変わる可能性がありますのでご了承ください。

・一部のテキストを修正しました

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
『Pokemon GO』は配信中。基本プレイ無料(アイテム課金あり)です。

(C)2016 Niantic, Inc.
(C)2016 Pokemon. (C)1995-2016 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.

最終更新:8月9日(火)11時26分

インサイド

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。