ここから本文です

ピノとPARM、実は同じ? 同じメーカー&チョコに共通点…真相を聞く 歴史や原料、ターゲット層を比較

withnews 8月25日(木)7時0分配信

 森永乳業のアイス「ピノ」と「PARM(パルム)」。どちらもチョコでコーティングされていて、味わいも似ている……。もしかして形が違うだけ? と考えたことはありませんか。しかも、それぞれのホームページを見ると「チョコが溶ける温度を体温と同じにすることでアイスとチョコが口の中で一緒に溶け合います」と同じ趣旨のことが書かれています。本当のところはどうなのか? 森永乳業に聞きました。

【写真】懐かしい~!初代ピノ&パルム。当時の「エスキモー」のロゴも。ピノを使ったレシピも多数紹介

ピノとは

 森永乳業がユニリーバと技術提携して立ち上げたブランド「エスキモー」(現在は森永乳業ブランドに統一)から、1976年に発売されたのがピノです。

 当時、日本で売られていたアイスクリームはカップやコーン、バータイプが一般的でした。新しいスタイルのアイスを提供しようと、社員が米国を視察した際に見つけた小粒サイズのアイスをヒントに、開発がスタートしました。

 口を開けたときの形をヒントに、円錐台の一口形状を設計。チョコでアイスを完全にコーティングして、アイスの形が溶けて崩れるのを防ぎ、手が汚れないようピックで食べるスタイルを提案しました。

 形が似ていることから、イタリア語で“松ぼっくり”を意味するpinoから命名。コンセプトは「1粒の幸せ」です。

 星形の「願いのピノ」や、ハート形の「幸せのピノ」をランダムに入れるなどの仕掛けも話題となり、子どもから大人まで食べられる一口サイズのアイスとして定着しました。

パルムとは

 パルムは2005年、大人が満足できる上質なアイスを目指して、ピノと同じく「エスキモー」ブランドから発売されました。

 開発が始まったのは2003年秋ごろ。少子化が進むなか、今後の市場拡大のためには子どもだけでなく大人にも支持される商品が必要だと考え、「味の違いが分かる大人に向けた本格的なアイス」というコンセプトでスタート。

 名前は、イタリア語で手のひらを意味する「Palma(パルマ)」をもとにした造語です。手のひらのような形状と、やさしく、あたたかいイメージを伝えようと採用したそうです。

 当初は食べきりサイズ6個入りの「マルチパック」のみの展開で、主な販路はスーパーでした。それを1本売りにしてコンビニエンスストアで販売することで、単身者や男性など新たな購買層を開拓。2015年度は、バータイプのカテゴリーで売り上げシェアが業界1位になりました。

1/2ページ

最終更新:8月25日(木)7時0分

withnews

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。