ここから本文です

松山英樹が世界ランク19位に後退 「トラベラーズ選手権」VのR・ノックスが26位→18位に

ゴルフ情報ALBA.Net 8月9日(火)12時27分配信

<男子世界ランキング>

 最新の男子世界ランキングが発表され、米国男子ツアー「トラベラーズ選手権」を制したラッセル・ノックス(スコットランド)が26位から18位に順位を上げた。それに伴い、18位だった松山英樹は19位にランクダウン。
  

いよいよリオ五輪が開幕!開会式の様子はこちら

 日本ツアー「中日クラウンズ」での石川遼以来となる“58”を出したジム・フューリク(米国)も23位にランクアップ。1位はジェイソン・デイ(米国)が堅守。ダスティン・ジョンソン、ジョーダン・スピース(共に米国)、ローリー・マキロイ(北アイルランド)、ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)までのトップ5も動きはなかった。

 その他、谷原秀人が65位に順位を上げ、リオ五輪が控える池田勇太と片山晋呉はそれぞれ、95位、124位と順位を下げた。石川遼は194位となっている。


【男子世界ランキング】
1位:ジェイソン・デイ(14.23pt)
2位:ダスティン・ジョンソン(11.19pt)
3位:ジョーダン・スピース(10.47pt)
4位:ローリー・マキロイ(9.04pt)
5位:ヘンリック・ステンソン(9.01pt)
6位:バッバ・ワトソン(6.77pt)
7位:アダム・スコット(6.42pt)
8位:リッキー・ファウラー(6.39pt)
9位:ダニー・ウィレット(5.98pt)
10位:ブランデン・グレイス(5.55pt)
18位:ラッセル・ノックス(4.39pt)

19位:松山英樹(4.37pt)
65位:谷原秀人(2.02pt)
95位:池田勇太(1.59pt)
124位:片山晋呉(1.29pt)
147位:宮里優作(1.12pt)
194位:石川遼(0.89pt)

(撮影:GettyImages)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:8月9日(火)12時52分

ゴルフ情報ALBA.Net