ここから本文です

【柔道】大野将平が金メダル、決勝でも一本勝ちで圧勝

イーファイト 8月9日(火)7時19分配信

「リオ五輪 柔道男子73キロ級」
8日(現地時間)、カリオカアリーナ

 男子73kg級で2013年、15年の世界選手権優勝を果たしている大野将平(24=旭化成)が登場。
 今大会、圧倒的に勝つというテーマを掲げる大野は初戦の2回戦でムリージョ(コスタリカ)に足払いで相手をこかし、そのまま横四方固めで一本勝ち。
 3回戦ではスクボルトフ(アラブ)に内股で豪快に投げ1本、準々決勝ではシャフダトゥアシビリ(ジョージア)に腰車で技ありを奪い優勢勝ち、準決勝でファンティヘルト(ベルギー)に巴投げで一本勝ちを奪い、ここまで技ありと一本で圧倒して決勝進出した。

【フォト】4月4日リオ五輪柔道内定会見で、代表12名が並んだ写真

 決勝では今年のヨーロッパ選手権王者で世界ランク2位のオルジョフ(アゼルバイジャン)に開始1分半で内股で技ありを奪い、3分半が経過したところで小内刈りで見事な一本勝ち! 大野圧勝で今大会、柔道日本初の金メダルを獲得した。

 試合後、大野は「五輪は独特の雰囲気があるが、普通の国際大会と一緒ですし、気持ちの持ちよう一つだと思います。金メダルを取って当たり前という雰囲気を感じていたのでプレッシャーもありました」とコメントした。
 日本柔道男子金メダルは北京五輪以来8年ぶり。

最終更新:8月9日(火)8時38分

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]