ここから本文です

ボッタスに「あのチーム」からオファーが?

TopNews 8月9日(火)12時12分配信

フィンランドのテレビ局『MTV』でF1解説者を務めるオスカリ・サーリが、バルテリ・ボッタス(ウィリアムズ)はルノーから「オファー」を受けていると語った。

●ルノーのカラーリングが来季は青に?新スポンサー獲得の可能性

過去3シーズンにわたってフェリペ・マッサとバルテリ・ボッタスというドライバーラインアップで戦ってきたウィリアムズだが、2017年シーズンに向けてはドライバー体制を大きく見直すことも検討しているようだ。

現在ウィリアムズの2017年ドライバー候補として名前があげられているのは、ジェンソン・バトン(マクラーレン)、セルジオ・ペレス(フォース・インディア)、フェリペ・ナッセ(ザウバー)、ダニール・クビアト(トロロッソ)といったドライバーたちだ。

だが、2013年にウィリアムズでF1デビューを果たし、今年で4年目を迎えている26歳のボッタスに関し、サーリはこのままボッタスがウィリアムズにとどまることも、あるいはルノーに移籍することも可能だとデンマークのタブロイド紙『BT』に次のように語った。

「関係者からコメントを得るのは不可能だよ。特にこの時期のドライバーたちからはね」

「バルテリも何も語ろうとはしていない」

そう述べたサーリは、次のように付け加えた。

「だが、私はこう言っておこう。現時点では、彼がウィリアムズとルノーの両方からオファーを受けていることを私は確かに知っているとね」

最終更新:8月9日(火)12時12分

TopNews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。