ここから本文です

丸山ヘッドコーチと倉本強化委員長が現地入り「充分に戦える」

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 8月9日(火)12時11分配信

「リオデジャネイロ五輪」ゴルフ日本代表チームの丸山茂樹ヘッドコーチと、オリンピックゴルフ競技強化対策本部の倉本昌弘委員長が8日(月)、ブラジル・リオデジャネイロに到着した。片山晋呉の練習ラウンドに合流し、約7ホールをともに歩いてコースチェックを行った。

ブラジルから リオ五輪ゴルフ競技フォトギャラリー

丸山は片山の日大ゴルフ部の3学年先輩となる。軽く、パウダー状の砂質のバンカーから片山がうまく距離を出せないことを見抜いた丸山は「クラブを上から入れないで、横から横に払う感じ。インサイドインのイメージで打ってみたら」と、さっそくアドバイス。片山も打てば響くような反応で「本当だ。これを聞きたかったんですよ」と、すぐにコツをつかみ取っていた。

インコースを視察した丸山は、「想像よりもタフ。広いところと、タフなところのバランスがうまく取れている。イギリスとアメリカのゴルフ場をうまくミックスさせたようなイメージ」と、その第一印象を語った。

「計算と経験が必要になる。警戒し過ぎても良くないし、狙えるところはきちんと狙っていくのが大事。予選落ちがないのは“醍醐味”でもあるから、アグレッシブに行くところは行った方がいい」と、メダルを懸けた戦いを展望した。

ふたりにとって日大ゴルフ部の大先輩である倉本委員長も「これなら充分できる」と、初めて見たコースからポジティブな印象を受け取った。「これだけランが出てくれれば、アメリカ的な長いコースよりはチャンスがある。日本人の繊細さとコントロールがあれば充分に戦える」と、日本人選手の活躍に期待を膨らせる。「1つ、2つのミスは出るコースだから、くじけなければいい」と、エールを送った。(ブラジル・リオデジャネイロ/今岡涼太)

最終更新:8月9日(火)12時11分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。