ここから本文です

ライアン・レイノルズらが解説。『セルフレス/覚醒した記憶』特別映像

ぴあ映画生活 8/9(火) 16:47配信

ライアン・レイノルズが主演を務めるアクション大作『セルフレス/覚醒した記憶』の特別映像が公開になった。本編映像を中心に、ターセム・シン監督やレイノルズ、名優ベン・キングスレーらのインタビューが収録されている。

公開された特別映像

映像の冒頭に登場するダミアンは著名な建築家で名声を手にしているが、余命半年を宣告をされてしまう。運命を受け入れられない彼は遺伝子操作で作った若い肉体に頭脳を“転送”する禁断の計画に参加。映像にはダミアンが現在の身体を捨て、若い肉体を得る過程がスリリングなタッチで描かれる。

その後、ダミアンは新しい名前で人生を謳歌するが、実はその肉体はクローンではなく、実在の人間のものだったことが発覚。脚本を手がけたアレックス&ダビ・パルトールは「科学の力で不老不死になるだけのSFファンタジーではない。その代償まで描いた」と説明する。物語は、秘密組織に命を狙われる若いダミアンの戦いが描かれるが、身体を“乗り換える”という設定は完全な絵空事ではなく、監督は「これが現実になるのは時間の問題だ」と語る。

進化し続ける医療の問題と、手に汗握るアクション、レイノルズとキングスレーが“同じ男”を演じる楽しみなど、本作は見どころの多い作品になりそうだ。

『セルフレス/覚醒した記憶』
9月1日(木)より、TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー

最終更新:8/9(火) 16:47

ぴあ映画生活

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]