ここから本文です

雨天にはレインコート配布 高雄の2階建てバス、10日からプレ運行/台湾

中央社フォーカス台湾 8月9日(火)13時41分配信

(高雄 9日 中央社)高雄市で7日、観光振興のために導入した台湾初の2階建てバスの車体がお披露目された。本格運行は今年末を予定しているが、10日からはプレ運行を行い、高雄の魅力を一足早く観光客らにアピールする。

バスはシャーシをスウェーデンから輸入、車体を台湾で製造した。1階部分には10席、2階部分には44席を配置。赤い塗装が目を引くオープントップバスで、雨天時には特製のレインコートを配布する。

当面は金、土、日曜日を中心に1日3~4本運行。高雄のデパートなどで配布される乗車券を入手した場合のみ乗車できる。

高雄市の許立明副市長は、「高雄の都市と河港の美しさを体験して」と利用を呼びかけた。また、バス会社、高雄客運の李宗熹総経理(社長)は、雨の日には「これまでとは違った雨の情緒が楽しめる」と語っている。

(程啓峰、王淑芬/編集:齊藤啓介)

最終更新:8月9日(火)13時41分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。