ここから本文です

DC1500V以下のスマート中低圧直流配電システム事業を展開

MONOist 8月9日(火)7時55分配信

 三菱電機は2016年7月27日、DC1500V以下のスマート中低圧直流配電システム「D-SMiree(ディースマイリー)」の事業展開を開始すると発表した。データセンターやビル、工場、駅などの省エネ化に貢献し、信頼性と経済性を両立する配電システムを提供するという。

 近年、再生可能エネルギーや蓄電池の利用拡大、ビルのZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)化などにより、電力を無駄なく活用できる直流配電システムが注目されている。D-SMireeでは、こうした直流配電技術に加え、最新のスマートグリッド関連技術や蓄電池の最適制御技術などを活用する。

 太陽光発電などの再生可能エネルギーと蓄電池を組み合わせたスマートグリッドや電気機器の多くは、直流で発電・蓄電され、直流電力で動作する。一方、配電システムは交流のため、発電側では直流から交流へ、電力消費側では交流から直流への変換が必要となり、その都度、電力損失が発生している。

 D-SMireeでは、発電・蓄電された直流電力をそのまま供給することで、系統全体の消費電力を削減する。また、直流には交流のような周波数がなく、複数の電源を並列接続する際に同期を考慮する必要がない。そのため、太陽光・風力などの分散型再生可能エネルギーを容易に接続できる。

 さらに、発電予想・需要予想機能によって蓄電池を制御し、蓄電エネルギーを有効活用する。交流・直流の電力変換回数や変換ロスを削減することで、従来の交流配電に比べて省エネ化にもつながるという。

 同社では、2016年7月に稼働開始した受配電システム製作所(香川県丸亀市)を主要拠点に製品の開発を進め、380V級システムを順次市場へ投入する。2017年度には1500V級システムに適用範囲を拡大し、2025年度までに100億円以上の売り上げを目指すとしている。

最終更新:8月9日(火)7時55分

MONOist

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。