ここから本文です

大恐竜展5万人達成 新潟の小学生に記念品

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ 8月9日(火)13時37分配信

 新潟市中央区の朱鷺メッセで開かれている「ジュラシック大恐竜展」(新潟日報社など主催)が8日、来場者5万人を達成した。5万人目となった新潟市東区の小学1年の男の子に恐竜のフィギュアなど記念品が贈られた。

 大恐竜展は先月16日に開幕し、同30日に来場者3万人を達成。5万人突破は「予想を上回る早いペース」(事務局)だ。

 会場には全長12・5メートルのティラノサウルスの骨格標本や、迫力満点の動く恐竜たちを展示。事務局は「化石の発掘作業が体験できたり、本物の化石に触れられたりするコーナーが人気を集めている」としている。

 5万人達成のセレモニーで、新潟放送の三石佳那アナウンサーらから記念品を贈られた男の子は「かっこいいからティラノサウルスが好き。5万人目になってうれしい」と笑顔で話した。

 大恐竜展は14日まで。中学生以上1500円、3歳~小学生900円。事務局は「会期末は混雑が予想される」として、早めの来場を呼び掛けている。

最終更新:8月9日(火)13時37分

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ