ここから本文です

【フィリピン】米BPOクアルフォン、マニラに4拠点目

NNA 8月9日(火)8時30分配信

 米ビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)企業のクアルフォンは先週、マニラ市に580席のコンタクトセンターを正式に開業した。フィリピンでの事業拡大の一環で、同国4カ所目の拠点。地方から進出を開始したクアルフォンにとって、マニラ首都圏への本格進出となる。地元紙ビジネスミラーなどが報じた。
 敷地面積3,200平方メートを超えるコンタクトセンターは、国立フィリピン大学(UP)マニラ校に近いパコ地区のショッピングモール「ロビンソン・オーティス」内に開設された。周辺には約20の大学が集中する。既に数カ月前からスタッフ50人態勢で音声対応の顧客サービスを開始しており、最大1,200人まで雇用する計画。
 同社のマイク・マロー最高経営責任者(CEO)は「この地区には多大な才能があふれている。マニラ市で学ぶ若者が住む地区に雇用機会をもたらすことになる」と語った。同社は地域社会との連携による顧客満足と生活の質の向上を戦略として掲げている。
 クアルフォンは米国内のほか、フィリピン、ガイアナ、メキシコに展開するBPO企業。従業員数は世界で計1万2,000人で、半数以上の約6,500人はフィリピン国内での雇用。フィリピンではネグロスオリエンタル州ドゥマゲッティ市に2カ所、セブ市に1カ所のコンタクトセンターがあり、今回のマニラ市で4カ所目の拠点となる。

最終更新:8月9日(火)8時30分

NNA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。