ここから本文です

仙台七夕まつり閉幕 今年は「ジョジョ」の七夕飾りも

THE PAGE 8/9(火) 12:14配信

 豪華絢爛な吹き流しがまちを彩る仙台市の「仙台七夕まつり」が8日、3日間の幕を閉じた。仙台七夕まつり協賛会によると期間中、昨年より10万6千人多い228万3千人が訪れた。

 仙台の七夕飾りは高さ10メートル以上もの竹に、和紙で作った大きな吹き流しを取り付けるのが特徴。開催期間中、仙台駅前から続くアーケード商店街の約1700メートルが、大小さまざまな鮮やかな吹き流しで彩られた。今年は仙台市出身の荒木飛呂彦さんの漫画「ジョジョの奇妙な冒険」の吹き流しも登場。吹き流しの前には多くの若者たちが集まり、記念撮影をしながら楽しんでいた。

 仙台七夕は、仙台藩祖伊達政宗の時代から続くとされる伝統行事。戦争で一時中断したが、終戦翌年の1946年、仙台空襲で焼けた市の中心部に52本の竹飾りが建てられ再開したという。(THE EAST TIMES)

最終更新:8/9(火) 12:14

THE PAGE

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。