ここから本文です

劇場版「黒執事」公開日決定!美麗で華麗なティザーPVも公開

cinemacafe.net 8月9日(火)14時0分配信

19世紀末期のイギリスを舞台に、完璧な執事・セバスチャンと少年貴族・シエルが繰り広げる物語が人気を博す「黒執事」の劇場版アニメーション『黒執事 Book of the Atlantic』の公開日が、2017年1月21日(土)に決定。合わせてキャラクターデザイン・総作画監督の芝美奈子描き下ろしのティザービジュアルが公開された。

【画像】原作・枢やな描き下ろしによる劇場版ビジュアル

19世紀英国―名門貴族ファントムハイヴ家の執事セバスチャン・ミカエリスは、13歳の主人シエル・ファントムハイヴとともに、“女王の番犬”として裏社会の汚れ仕事を請け負う日々。ある日、まことしやかにささやかれる「死者蘇生」の噂を耳にしたシエルとセバスチャンは調査のため、豪華客船「カンパニア号」へと乗り込む。果たして、そこで彼らを待ち受けるものとは――。

原作は、全世界累計2,300万部を超える枢やなのベストセラーコミック「黒執事」。これまで、2008年にTVアニメ「黒執事」、2010年にTVアニメ「黒執事II」、2014年にはTVアニメ「黒執事 Book of Circus」&OVA「黒執事 Book of Murder」と、4度アニメーション化されている。そしてついにファン待望の劇場アニメーション化が実現。描かれるのは、原作屈指の人気エピソード「豪華客船編」ということで、ファンからの注目度も高い。

名門貴族・ファントムハイヴ家の執事セバスチャン・ミカエリス役を務めるのは、「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」空条承太郎役や「おそ松さん」十四松役で知られる小野大輔。13歳の主人シエル・ファントムハイヴ役には、「攻殻機動隊 ARISE ALTERNATIVE ARCHITECTURE」草薙素子役ほかアーティスト活動も人気な坂本真綾。ほかエリザベス・ミッドフォード役の田村ゆかり、葬儀屋役の諏訪部順一、グレル・サトクリフ役の福山潤、ロナルド・ノックス役のKENN、ウィリアム・T・スピアーズ役の杉山紀彰、スネーク役の寺島拓篤、バルドロイ役の東地宏樹、フィニアン役の梶裕貴、メイリン役の加藤英美里らが出演。

今回、本作のティザーPVが公開。映像ではこれまでのアニメーション化の歴史をふり返りながら、原作者・枢氏描き下ろしの華麗な劇場版ビジュアルとともに本物語のあらすじが語られる。


また、前売券情報も発表。8月20日(土)より発売の劇場第1弾特典付き全国共通特別鑑賞券では、キャラクターデザイン・総作画監督の芝さんが描き下ろしたアニメティザービジュアルが使用され、同イラストのポストカードが特典に。さらに、アニプレックス直営セレクトショップ「ANIPLEX+」では、8月18日(木)から“ラジオ体操 CD”付き前売券の発売が決定。こちらは、“セバスチャン、シエル、グレル、葬儀屋の4人がそれぞれインストラクターとなり、ラジオ体操を通じて健康ライフを手取り足取りサポートする”という内容で、小野さんをはじめ坂本さん、福山さん、諏訪部さんらによる豪華録り下ろしボイスとなっている。

『黒執事 Book of the Atlantic』は2017年1月21日(土)より全国にて公開。

最終更新:8月9日(火)14時0分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。