ここから本文です

「ネイマールより女子選手の方が上」 リオ五輪苦戦中のブラジルに容赦ない批判

ISM 8月9日(火)8時53分配信

 リオ五輪男子サッカーで、2試合連続スコアレスドローと苦戦中の開催国ブラジル。ファンは不満を募らせ、「ネイマールよりもマルタの方が上だ」として、同国女子代表エースの力を借りたいとの声を上げた。

 今大会ホスト国のブラジルは、初の金メダル獲得を目指してオーバーエイジでネイマールを招集。優勝候補の筆頭に挙げられていた。ところが、現地時間4日(以下現地時間)の南アフリカとの開幕戦をスコアレスドローで終えると、続く第2節もイラクと0対0の引き分け。2試合を終えて勝ち点2とグループリーグ敗退の危機に瀕しており、準々決勝進出のためには、デンマークとの最終節で勝利が必要な状況となっている。頼みのネイマールもベストパフォーマンスには程遠く、準備不足ではないかと、大会前のパーティ参加などの私生活面も批判されている。

 一方で女子は中国(3対0)、スウェーデン(5対1)を相手に2連勝を収め、早々にグループリーグ突破が決定。主将を務めるマルタはスウェーデン戦で2ゴールを挙げる活躍でチームを牽引し、ブラジルのファンが愛する「Jogo Bonito(美しいプレー)」の象徴的な存在となっている。

 6日に行なわれた女子スウェーデン戦でファンは「マルタはネイマールより上だ」と何度か歌っていた。一方で、その翌日に行なわれた男子のイラク戦で、ファンはマルタなら男子チームが抱える問題を解決してくれると考えて同選手のチャントを歌い、ネイマールを侮辱している。

 こうしたファンの言動に、マルタは「(男女のチームの)比較はファンに任せる。私たちは全員男子チームを応援しているし、彼らもそうしてくれることを知っている。ネイマールは今のブラジル最高の選手。ファンタスティックな選手」と述べ、苦しむ男子チームにエールを送った。

 男子チームのロジェリオ・ミカレ監督は、マルタと女子チームに賛辞を送る一方で、ファンの「マルタチャント」については気にしない構えだ。「女子サッカーと男子サッカーを比較することはできないが、彼女たちを讃えないとね」「素晴らしい時期、最高のトーナメントを過ごしている。すでにグループ突破を決めている。我々男子チームもそれに続きたい」と述べている。

 渦中のネイマールはイラク戦後、報道陣の前を足早に通過。苦戦の説明を求めるプレスへの対応を若手選手に任せ、自身はヘッドホンを着けてバスの席に着いていた。

 ミカレ監督は「ネイマールは経験豊富な選手。彼は我々のプレーにリズムを与えてくれる。今後も変わらず重要な選手だ」と擁護している。(STATS-AP)

最終更新:8月9日(火)8時53分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。