ここから本文です

東邦・藤嶋がサイクル超え 3度目聖地で打棒復活

デイリースポーツ 8月9日(火)6時2分配信

 「全国高校野球・1回戦、東邦19-9北陸」(8日、甲子園球場)

 東邦(愛知)は藤嶋健人投手(3年)がサイクル安打越えの大活躍で、北陸(福井)を圧倒した。

 慣れ親しんだ庭を、笑顔で暴れ回った。六回2死二塁。藤嶋の打球が中堅左で弾んだ。単打ならサイクル安打という場面で放ったのは適時二塁打。「『狙え』と言われていたので、意識はありましたけど。いい当たりが打てたのでよかった」。史上6人目の偉業を思わぬ形で逃しても、あっけらかんと喜んだ。

 三回の右中間三塁打を皮切りに、四回は中堅右への特大3ランと、打者一巡後に三塁線を破る適時二塁打。そして、六回の二塁打だ。愛知大会でヒット1本だった4番が、4安打6打点の大爆発。登板はなかったが、大好きな聖地で本来の打棒を取り戻した。

 3度目の甲子園。意識は少し違う。キーワードは「楽しむ」だ。「3年生は最後の夏。楽しもうとした方が、個人にもチームにもいい結果が出る」と話す。1年夏、今春と出場した経験を消化し、たどり着いた結論だ。

 ネット裏のスカウト陣も目を見張った。「勝負強さ、集中力を持っている」と中日・中田スカウト部長。DeNA・吉田スカウト部長も「大きな大会になると打つ。そういう星に生まれているのかな」と舌を巻いた。

 先発全員、毎回の24安打、19得点で初戦突破。藤嶋は「みんなで思う存分、甲子園を楽しんでプレーしたい」と声を弾ませた。重圧などない。最高の、最後の夏が始まった。

最終更新:8月9日(火)7時15分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]