ここから本文です

さかいゆうの新曲「再燃SHOW」が陣内孝則監督映画『幸福のアリバイ~Picture~』主題歌に決定

エキサイトミュージック 8/9(火) 10:15配信

シンガーソングライター、さかいゆうの新曲「再燃SHOW」が、11月18日(金)全国ロードショー映画『幸福のアリバイ~Picture~』の主題歌に決定した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

陣内孝則監督と、『桐島、部活やめるってよ』の脚本家・喜安浩平と夢のタッグを組んだ映画『幸福のアリバイ~Picture~』は、中井貴一、柳葉敏郎、大地康雄、佐藤二朗、木村多江といったベテラン俳優陣と、山崎樹範、木南晴夏、浅利陽介、渡辺大、入山法子ら若手実力派が出演する、笑って泣ける感動のヒューマンコメディだ。主題歌候補として、映画スタッフからさかいゆうの名前が挙がり、さかいが本編を観て楽曲デモを制作。デモを聴いた陣内監督が一発OKを出し、主題歌担当が正式決定。さかいにとって新境地ともいえる4つ打ちのリズムに、疾走感溢れるメロディとヴォーカルが特徴的で、先日終了した全国ツアーでも披露され大好評を得た楽曲だ。さかいにとって映画主題歌は、「train」(映画『パーマネント野ばら』主題歌)以来、実に6年ぶりとなる。

主題歌「再燃SHOW」について陣内監督は、「この映画は、人生の節目に起こる予測不可能な出来事を笑いに変えて描いた作品です。その締めくくりに相応しい、とてもエモーショナルでグッとくる主題歌を、さかいゆうさんからいただききました。人生はどんなことがあっても続くし、明日はやってくる。“最強の敵は自分”“再出発”そんな力強いキーワードが込められたこの曲からは、毎日を生きる人々へのパワフルなエールを感じます! 非常に前向きなこの主題歌と映画に触れていただき、多くの皆様に元気を届けられたら嬉しいです。ぜひ劇場でお楽しみいただきたいです!」 と絶賛。

さかいも「子供の頃から陣内さんのことは存じ上げておりましたので非常に嬉しく思いました。陣内さんの想いが詰まったこの作品に主題歌という形で参加できて、とても光栄に思っています。作品を見て、楽曲のテーマである人間はいくつになっても、何度でも自分の人生を燃やし、再燃焼(再出発)できるというイメージが膨らんできました。結果この映画にぴったりはまる曲が出来たと思っています。歌録音の当日、スタジオの近くの蕎麦屋さんでばったり陣内さんに遭遇するという偶然があったり、作品の中でもエキストラに知人が出ていたりと、個人的にも今回サプライズを感じています」と驚きのエピソードと共に、主題歌決定を喜んだ。

≪作品情報≫
11月18日(金)全国ロードショー
『幸福のアリバイ~Picture~』
出演:中井貴一、柳葉敏郎、大地康雄、山崎樹範、木南晴夏、浅利陽介、渡辺 大、佐藤二朗、木村多江 他
原案・監督:陣内孝則(『ロッカーズ』『スマイル 聖夜の奇跡』)
脚本:喜安浩平(『桐島、部活やめるってよ』)
主題歌:さかいゆう「再燃SHOW」
配給:東映 (c)2016「幸福のアリバイ~Picture~」製作委員会
オフィシャルサイト:

<物語>
ヤクザの葬式とは知らずに会をとりなす葬儀屋と、故人の残した遺書の内容で揉める親族・知人・息子。婚期を迎え、好条件の見合いに目がくらむ女と、運悪く浮気が発覚する男。成人式というハレの日に、スーツではなく特攻服で行こうとする息子と、それを必死に止める両親。出来ちゃった結婚をし、出産を控えた妻の元へ向かう夫と、あからさまに八つ当たりをする義父。ひとりの女性をめぐり、超一流のプロ野球選手に無謀な野球勝負を挑む、うだつのあがらないフリーター男。一種風変りな登場人物たちは、どこか共感できる悩みを抱いた普通の人々ばかり。そんな悩める人々が惑う様子をコミカルに描ききった、泣き笑いのヒューマンコメディ!

≪ライブ情報≫
【さかいゆう RESPECT Vol.2(RESPECT スティービー・ワンダー、美空ひばり)「Billboard LIVE OSAKA 音力-ONCHIKA スペシャルライブ vol.7 さかいゆう~RESPECT~」】
2016年9月27日(火)Billboard LIVE OSAKA

【THE ROOTS OF MUSIC vol.4 「さかいゆう」(“RESPECT Vol.2”)】
2016年9月30日(金)COTTON CLUB
2016年10月1日(土)COTTON CLUB

【さかいゆうLIVE “POP TO THE WORLD” SPECIAL】
2016年12月21日(水)NHK大阪ホール
2016年12月25日(日)中野サンプラザ

最終更新:8/10(水) 10:00

エキサイトミュージック

なぜ今? 首相主導の働き方改革