ここから本文です

経営難のVエア、親会社のトランスアジア航空に吸収合併へ/台湾

中央社フォーカス台湾 8月9日(火)18時3分配信

(台北 9日 中央社)トランスアジア(復興)航空は9日、取締役会を開き、10月1日に傘下の格安航空会社(LCC)Vエア(威航)を吸収合併することを決めた。Vエアは競争激化による経営難が伝えられており、グループ全体の立て直しを図る。

現在Vエアが運航している路線のうち、台北―福岡線、台北―チェンマイ線はトランスアジア航空に移管するが、その他の路線は廃止する。

トランスアジア航空の林明昇董事長(会長)は「合併の効果を最大限に引き出したい」とコメントした。人員の再配置については今後検討を行うとしている。

また、運航を停止するVエア便の搭乗券をすでに購入した利用者に対しては、トランスアジア航空便への振り替えや返金などを進める方針。

Vエアは2014年12月に初便が就航。これまでに9路線を運航し、台北―バンコク、台北―チェンマイ線は搭乗率が77%を超える人気となっていた。

(韋枢、陳葦庭/編集:齊藤啓介)

最終更新:8月9日(火)18時3分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。