ここから本文です

“ニシンとカボチャのパイ”や“天空のかき氷”まで!ジブリ作品メニュー新ラインナップ

cinemacafe.net 8月9日(火)14時35分配信

夏休み本番を迎え、連日多くの来場者で賑わっている「ジブリの大博覧会 ~ナウシカから最新作『レッドタートル』まで~」にて、ジブリの世界観を表現したオリジナルメニューが展開中だが、このたび第2弾として、「ニシンとカボチャのパイ」、「天空のかき氷」、「ドロップソーダ」の3品が新たに登場する。

【写真】天空のかき氷

ファン待望の長編アニメーション最新作『レッドタートル ある島の物語』が第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門特別賞を受賞するなど、永く世界中から愛されるスタジオジブリ。本展示では、同スタジオ設立30年間の歩みを、作品のポスターやチラシといった広告宣伝物を中心に、制作資料、企画書など未公開資料を含む膨大な数の資料からふり返る。会場となる六本木ヒルズ展望台・東京シティビューからの眺望を活かした4つの構成で楽しむことができ、開催直前にプロデューサー・鈴木敏夫の意向で本企画展の入場料の値下げが実施されるなど、話題を集めた。

現在、六本木ヒルズ展望台東京シティビューに隣接するカフェ&レストラン「Museum Cafe & Restaurant THE SUN & THE MOON」のCafe Area「THE SUN」では、“まっくろ”なハンバーガーや、“目玉焼きトースト”などジブリ作品をイメージしたオリジナルメニューを提供中。そして第2弾として新メニューが8月10日(水)より登場する。

『魔女の宅急便』でもお馴染みの「ニシンとカボチャのパイ」はうま味たっぷりのニシンとホクホクのカボチャ、ブロッコリーをアツアツのホワイトソースで仕上げたパイ。1日50食限定なのでお早めに。「天空のかき氷」は下の層はレモン、上の層はメロン味と2種類のシロップを使用。トッピングされた宝石のようなブルーハワイゼリーが、“飛行石”を髣髴とさせる、涼し気なデザートだ。そして、昔懐かしいドロップ飴のドリンクにミント風味とトニックソーダで爽やかな大人の味に仕上げた「ドロップソーダ」。中にはドロップに見立てたカラフルなグミも。

本メニューは「Museum Cafe & Restaurant THE SUN & THE MOON Cafe Area THE SUN (六本木ヒルズ森タワー52F)」にて9月11日(日)まで、11時から22時(FOOD L.O. 21時/DRINK L.O. 21時30分)で提供。入場料は無料ですが、展望台入館料、もしくは、「ジブリの大博覧会」の入場券が必要。

「ジブリの大博覧会~ナウシカから最新作『レッドタートル』まで~」は六本木ヒルズ展望台・東京シティビュー内スカイギャラリーにて7月7日から9月11日(日)まで開催(会期中無休)。

最終更新:8月9日(火)14時35分

cinemacafe.net